2018年8月 6日 (月)

報道倫理の新しいケースブック

2018年度後期から、別の教員が受け持っていた「メディアと倫理」という講義を担当することになりました。授業内容は、ジャーナリズムの現場で実際に起こった悩ましいできごとを、グループディスカッションを通じて考えていくというものです。前任の教員とさほど変わりはありません。ただし教科書を使います。

『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』 勁草書房, 256頁, 2400円, ISBN 978-4-326-60307-7
版元サイトではAmazon以外の書店がリンクされています。アンチAmazon派は版元サイトからごらんください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

2018年前期おわる

2018年前期の授業が終わりました。あとは追試のレポートを読むだけ。ここにきて痛感するのは、担当している「現代ニュース論」の内容を大幅に刷新しなければならないことです。この授業では、前半3分の1を時事問題のディスカッション(教員による解説)にあて、残り3分の2で講義していました。報道関係の映画の予告編を使いうなど、工夫を凝らしてきたつもりですが、来年度からは、ジャーナリスト志望の学生やメディア関係の仕事に就きたいと考えている学生を強く意識しようと思います。記者志望者は受講してほしいものです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

合同ゼミ

ことしは合同ゼミを複数回やる予定です。 ひとつは学内のお隣さんMゼミ。元気な学生がそろっているらしい。 もうひとつは大阪のマンモス私大のFゼミ。3年生がざっと10人くらいいるようです。梅田キャンパスが使えるといいな。 さらに、11月には東京の名門私大のMゼミとの他流試合。Mゼミは約10人の4年生が京都にきて卒論発表会を開催します。そこで、うちのゼミ生もポスター発表させてもらおうと思っています。 いつも道場仲間と討議しても刺激が少ないので、積極的に他流試合をする必要性を感じています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

後輩の女性記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第20回

テレビ朝日の記者が財務次官からセクハラ行為に悩んでいた事例は、メディア関係者に波紋を広げています。オレがセクハラの加害者になるはずがない、と自信満々の人もいると思いますが、そんな人も「傍観者」と指摘される可能性があります。同僚や後輩がセクハラ被害者に遭ったことを知ったときのことをシミュレーションして考えたことがある人は、意外と少ないのではないでしょうか。

ハラスメントについての内規や相談窓口を完備しているメディア企業もあります。「わが社は専門家がいるので安心だ」という人もいるでしょう。でも、制度を作れば万事OKでしょうか。ルールブックは作る人や作られ方によっては妙なバイアスがかかるものですし、たえざる見直しが必要です。

〈CASE 20〉後輩の女性記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら http://keisobiblio.com/2018/05/08/hatanaka20/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

同僚記者がセクハラ被害を受けたら

2018年4月12日、『週刊新潮』が財務省事務次官のセクハラを報じました。気になったので、わたしも新潮を買って、記事を読みました。

記事の中で発言を引用されていたのは次の6人。①大手紙記者、②テレビ局記者、③別のテレビ局記者、④別の大手紙記者、⑤テレビ局デスク、⑥財務省を担当する30歳のある女性記者。⑥は①~④と重複している可能性がありますし、取材協力者がほかにいるかもしれません。被害者は、大手紙や在京キー局の取材記者たちで、財務省担当者がターゲットになったことが分かります。

財務次官にセクハラ発言報道 | 2018/4/11(水) 17:43 - Yahoo!ニュース

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

学者を目指さない学生にとって良い論文とは

わが本務校、龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科では、卒業研究が必修です。卒業制作で映像作品を作る学生もいますが、多くは卒業論文を提出します。どんな論文が良い論文なのかについて、あれこれ考え続けてきましたが、きょうのゼミで暫定的な結論を4年生に伝えました。

大学院に進学して、研究職を目指したいという学生には、やっぱり学術世界のモノサシで判断したいところです。つまり、着眼点や、問いと方法がカッチリしていることが重要です。しかし、将来学者になりたいとは思っていない学生に、それと同じモノサシを当てて評価するのは間違っていると思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

ジャーナリズムに地域主義を

きょうから2018年度の授業が始まります。

龍谷大学社会学部の教員になったのが2013年春なので、この4月から6年目に突入です。共同通信社を辞め、博士論文の執筆に2年を費やした日々が、徐々に遠ざかっていることを実感します。2年間の間に東日本大震災があり、学術書と論文に埋もれている自分を、運が悪いと呪ったものです。でも、きょうまでやってこられたのは、編集者の同居人と東大の恩師に支えてもらったおかげでだと感謝しています。

また、今日までの間に、各方面の先生方から執筆のお誘いをいただき、いくつかの共著者の仲間入りをさせていただきました。まもなく、論創社から『危機の時代と「知」の挑戦』(照屋寛之・萩野寛雄・中野晃一編著)が刊行されます。上巻の第4章で「 国家に馴致されないメディアの必要――ジャーナリズムに地域主義を」と題した小論を発表させていただきました。執筆にあたり、東北福祉大学の長谷川雄一先生にはたいへんお世話になりました。あらためて感謝申し上げます。

照屋寛之・萩野寛雄・中野晃一編著『危機の時代と「知」の挑戦』(論創社)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

入学式の翌日/歴史を背負って

きのう、龍谷大学社会学部がある瀬田キャンパス(滋賀県大津市)で入学式が行われました。わたしがこの大学の入学式に参加するのはこれで6回目です。どこか物悲しい卒業式に比べると、入学式は楽な気持ちで臨めます。ひとつ気になることがありました。式が始まる直前、式典会場のスクリーンに映し出された映像です。自宅でそれらしい動画を検索したら、Youtubeに以下の動画が公開されていました。BGMがFusion系ジャズやん、と思っていたら、Discovery Channelの制作でした。

龍谷大学の歴史 -Discovery Channel制作-

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

卒業式の翌日/祭りのあと

毎年のことですが、卒業式の翌日というは、なんだか寂しい感じがします。式当日はハレの日だし、着飾った教え子たちに「君ら卒業できて、ほんま良かったのー」とか「社会人になったら、もう遅刻はあかんで」などと軽口をたたいて、こちらもチョッピリ浮いた気持ちになりますが、その翌日は、心に穴が開いたような感じがします。まだ教員という仕事に慣れていないからなのでしょうか。

祭りのあと 唄:渥美清https://www.youtube.com/watch?v=S3ltnB_1Rek

他方、ちっとも卒業してくれない学生もいて、それはそれでヤキモキさせられます。人生80年時代なので、30歳くらいまでなら、遊びほうけていても全然かまわないと思います。むしろ、おもいきり道に迷うくらいのほうが良いかもしれません。でも、そういう感覚は、自分と無縁の学生に対するもので、実習やゼミ生で少しは濃密な時間をともにした学生の場合は、気をもまずにいられません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

映画『否定と肯定』にみる大衆のメディア

ヘイトスピーチが飛び交う日本で、この映画が上映される意義は大きいと思います。ただ、メディアの観点から見ると、沈鬱な気持ちにならざるを得ません。なぜか。ホロコーストを否定する「歴史学者」は、自ら起こした裁判で敗れ、差別者の烙印を押されても、タブロイド紙やトーク番組が彼を声を取り上げ続けているからです。弁護士や学者は法廷で勝つことを優先しますが、大衆メディアにとって重要なのは「部数が稼げる」「視聴率が取れる」ことなのでしょう。ジャーナリストたちにはそういうところも意識して見てほしい作品です。

ミック・ジャクソン監督『否定と肯定』2016年イギリス・アメリカ合作、デボラ・リプシュタット原作

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

ジャーナリズムとアカデミズム、月刊Journalism連載第4回

2018年3月9日発売の『Journalism』に、連載の4本目「記者講座 ジャーナリズムとアカデミズム」が掲載されました。私は約25年の記者生活を経て大学教員に転職しました。大学院に入学したのはちょうど中間管理職にさしかかった42歳の春。そこで痛感したのは、ジャーナリズムとアカデミズムの住人が、なんだか仲の悪い双子のようだ、ということでした。

「記者講座 道徳的な難問を考える(4) ジャーナリズムとアカデミズム」『Journalism』 (334):2018.3

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

記者が立場を自覚するとき、月刊Journalism連載第3回

2018年2月10日発売の『Journalism』に、連載の3本目「記者講座 記者が立場を自覚するとき」が掲載されています。ストレートニュースを報じる記者は、事実を客観的に把握し、偏向(バイアス)のない第三者の立場から原稿を書くよう訓練されています。しかし、それは「努力目標」というか、一種の「理想状態」です。どんな記者にも、国籍、民族、ジェンダー、出生地・生育地、社会階層、病気や障害の有無などの変更できない属性があります。この回では記者のアイデンティティとポジショナリティをめぐる議論を検討してみました。

「記者講座 道徳的な難問を考える(3) 記者が立場を自覚するとき」『Journalism』 (333):2018.2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

記者が泣くとき怒るとき、月刊Journalism連載第2回

朝日新聞社ジャーナリスト学校が発行する月刊誌『Journalism』の連載2回目は、「記者講座 記者が泣くとき怒るとき」です。2018年1月号に掲載されています。ジャーナリストは強靱な体力と冷徹な意志の持ち主だと思われがちですが、優柔不断で気が小さくて、お悩み上手な人も少なくありません。この回では記者の内的体験という語られることの少なかったテーマについて検討してます。

「記者講座 道徳的な難問を考える(2) 記者が泣くとき怒るとき」『Journalism』 (332):2018.1

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年生ゼミで読むかもしれない本

大学4年生のゼミでは、少し難しいかもしれないけれど、松村圭一郎さんの『うしろめたさの人類学』を読もうかなと思っています。

多くの学生は3年の終わりから就活に振り回されて、ゼミに顔を出さなくなります。ある意味、必死です。彼ら彼女らはこれまで偏差値の格差のなかで嫌な思いを強いられてきました。大学を出たら、そのあとは収入や社会的ステータスという格差のなかに放り込まれます。ゼミどころではなくなる学生もいます。

松村圭一郎『うしろめたさの人類学』(ミシマ社,2017)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

記者が〈ルール〉を破るとき、月刊Journalism連載第1回

朝日新聞社ジャーナリスト学校が発行する月刊誌『Journalism』で連載する機会をいただきました。わたしが担当しているのは「記者講座」というコーナーです。これまで何人ものベテラン記者たちが筆を執ってこられた定番のページです。第1回の記事は2017年12月号に掲載されました。タイトルは「記者が〈ルール〉を破るとき」です。

「記者講座 道徳的な難問を考える(1) 記者が〈ルール〉を破るとき」『Journalism』 (331):2017.12 p.84-91


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

卒論審査の新方針(剽窃は一発アウト)

「卒論が完成したので添削をしてください」と頼まれるたびに朱をいれて返してきましたが、同じ学生から3度4度と要求されると、教員の身が持ちません。ゼミ生15人の論文を平均3回添削するということは、45回も目を通してチェックしていくことになります。1人あたり1万2000~1万5000文字の分量なので、眼が死にます。(おまけに、大学院生の修士論文もあり、これが1人あたり3万~5万文字が当たり前ですからね)

朱を入れて返しても「言われた通りに修正したので確認を」というメールがやってきて、十分に直っていないところに再び朱を入れると、またまた「言われた通りに修正したので確認して」とメールがやってくる。表記のルールは「社会学評論スタイルガイド」を見てとお願いしても、きちんとできていないので、また朱を入れると、「こんどこそ、これでいいかどうか確認して」と添削のようなことを求められる……。完全な負のスパイラル。まるで「校正アプリ」にさせられたような気持ちになり、体も心も傷つきます。

そこで、私は次年度から文章の添削をしないことに決めました。研究の方法や深め方についての相談にはナンボでも乗るけれど、日本語表現の添削は原則やらない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

院生と読むかもしれない本

大学院ではジャーナリズム演習(ゼミ)と、地域メディア研究という授業を担当しています。ゼミではマスメディアやジャーナリズムをテーマにした修士論文を執筆するうえで必要と思える本や論文を選ぶ必要があり、これが悩ましいのです。他方、「地域メディア研究」という授業では比較的自由に、かつ、臨機応変にやっています。ぼつぼつ来年度の課題図書を考えるシーズンで悩んでいます。候補は以下です。 ■新しい本たち■ 林香里(2017)『メディア不信――何が問われているのか』岩波新書 章蓉(2017)『コレクティヴ・ジャーナリズム-中国に見るネットメディアの新たなる可能性』新聞通信調査会 阿部岳(2017)『ルポ 沖縄 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年生ゼミで読むかもしれない本

ほんとうは勉強したいと思って大学に入学していても、初回ゼミの自己紹介でそんなことを口にする学生は1人もいません。20歳前後の若者といえば、大人社会に対する興味と反発がないまぜになっていることも多く、だいたい素直じゃないです。わたしの助言や忠告に耳を傾けるようになるには、就活を終えたくらいの時期まで待たなければなりません。大学1~2年生からみれば、大学の先生は高校教員みたいに厳しくないので、ふつうはナメてかかっています。

背伸びして反抗的に突っかかってくるならまだいいのですが、学ぶチャンスを逸してしまった学生を見るのは、正直つらく悲しいものです。読書習慣につけさせるのは、ほんらい大学教員の仕事ではないと思っていましたが、最近は強制的にでも読ませないといけないなあと思い始めています。そこで来年度の3年生ゼミでは、一冊の漫画をみんなで丹念に輪読しようかなと思っています。

吉野源三郎原作 ; 羽賀翔一漫画『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス,2017)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

龍谷大学の公開講座もジャーナリズム活動

龍谷大学では、社会人向けの公開講座を開講していて、この秋、私も微力ながら講師を務めました。講座タイトルは「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」です。勁草書房編集部ウェブサイト・けいそうビブリオフィルで連載させてもらったのと同じタイトルと同じで、私が取り組んでいる研究内容そのものです。

社会人向け講座の受講者の多くが60歳以上です。私からすれば人生の先輩といえる方々で、ふだんは20歳前後の学生を相手にしている感覚とは異なり、目から鱗の連続でした。5回の講義をやり終えたいま、引き受けて良かったと思っています。受講してくださった方々と事務方のみなさんには感謝の気持ちを伝えたいです。

https://rec.ryukoku.ac.jp//search/start/details/7558

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

始動 全国地域紙ネット

 地域紙のジャーナリストたちの“よろず相談所”をfacebook上に開設しました。名目上、わたしが世話役を務めていますが、わたし一人ではあまりに非力なので、丹波新聞社の足立智和記者の力を借りています。まだ生まれたばかりの「ひよっこ」で「あまちゃん」のような存在ですが、地域紙のみなさんの参加を募ります。

全国地域紙ネット https://www.facebook.com/zenchishi/

●なぜ地域紙なのか

 全国紙や県紙(地方紙)よりも小さな「地域紙」は、全国に約200あります。そうした地域紙は、ながらく「ジャーナリズムの実践者」とは見なされてきませんでした。

 理由のひとつに、地域紙の多くが日本新聞協会に加盟していないことが挙げられます。日本新聞協会は敗戦後の占領期、日本の全国紙と県紙が設立した業界団体で、設立過程に占領軍への忖度や隷従があったことが知られています。地域紙で新聞協会に加盟している社は少数です。

 現在発行されている地域紙の一部は、戦時下の新聞統合(一県一紙政策)によって強制的に休刊に追い込まれながらも、戦後復刊した気骨ある言論機関です。明治・大正期に創刊した名門紙も少なくありません。他方、地域紙の中には、「地方の時代」やミニコミブームなどを映すかのように1970~1980年代に創刊された新しい新聞もあります。それら新興紙は、言論機関というよりも、暮らしに密着した独自のスタイルを追求してきました。

 多様な地域紙は、多様なジャーナリズムの担い手です。規模が大きな新聞社でも、政府の宣伝機関のような記事を載せる例もあります。ジャーナリズム活動の良し悪し、企業規模の大小とは関係ありません。規模の小さな新聞社を、規模の小ささゆえに「ジャーナリズムの実践者」ではないと見なしている人には考えをあらためてほしいと思います。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

新聞の「編集権」はだれのものか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第18回

上越タイムス社が地元くびき野NPOサポートセンターに紙面づくりを委ねる協働をはじめたとき、「編集権を放棄した」「新聞の魂を失った」などと陰口がささやかれまいた。しかし、陰口していた人たちは、「編集権」問題を十分に理解していたでしょうか。

日本新聞協会が1948年に公表した「編集権声明」は厳しく批判されてきました。というのも、この時期、新聞経営者たちが「編集権」を必要とした理由に疑義がもたれているからです。当時、米ソの緊張が高まるなかGHQや時の吉田政権が日本の“左傾化”を危惧し始めていました。そして、新聞経営者たちは労働運動を抑え込みたがっていたのです。

〈CASE 18〉新聞の「編集権」はだれのものか http://keisobiblio.com/2017/06/20/hatanaka18/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

犯人の主張を報道すれば犯罪の手助けになるか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第17回

2011年11月、千葉市で発生したバスジャック事件では、犯人が「マスコミを呼べ」と要求しましたが、記者はバスに入ってインタビューすることはありませんでした。しかし、1960年代に静岡で発生した旅館立てこもり事件では、犯人の要求通り、報道記者たちが多数旅館を訪れて取材しました。男の主張は、在日朝鮮人に対する不当な差別の告発であり、一部の文化人や知識人は彼の主張のなかには聞くべき内容があると考え、支援に乗り出しました。

マスメディアは不特定多数の人を対象に情報提供しているため、ともすれば多数者の側からものを見ることに慣らされがちです。30年ほど前に、新聞業界に飛び込んだわたしは「権力から距離を置け」「いつも庶民の側から」「声なき声に耳を傾けろ」と先輩から教えられたものです。

〈CASE 17〉犯人の主張を報道すれば犯罪の手助けになるか http://keisobiblio.com/2017/05/23/hatanaka17/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

経営破綻を報じる時宜と大義 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第16回

わたしが『日経トレンディ』編集部から共同通信社金融証券部に転職した1991年、野村證券の損失補填問題が明るみになり、田淵義久社長が引責辞任しました。駆け出しの経済記者だったわたしには、ここからバブル崩壊にともなう金融市場の大混乱が始まることなど想像もできませんでした。じっさい、90年代中盤以降、中小の金融機関が相次いで経営破綻し、97年には山一証券が自主廃業しました。

破綻報道が難しいのは、「この会社は倒産寸前だ」と書けば、本当に倒産してしまうリスクがあることです。金融機関の経営破綻を報じれば、預金者が店頭に押し寄せる「取り付け騒ぎ」のパニックを招きかねません。

〈CASE 16〉経営破綻を報じる時宜と大義 http://keisobiblio.com/2017/04/25/hatanaka16/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

「忘れられる権利」か、ネット上での記事公開か 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第15回

全国の地方紙と共同通信の合同サイト「47NEWS(よんななニュース)」の初代デスクを仰せつかっていたとき、「私の逮捕記事を削除してください」というメールを幾度ももらいました。「刑期を終えた」という人や、「不起訴だった」という人もいましたし、商売や就職活動に差し障っているというものもありました。ひとことで言えば、「忘れられる権利」の主張です。

後発のニュースサイトを立ち上げにあたり、かなりの過去記事を検索対象にしたため、社会的に忘れられていたはずの「元逮捕者」の実名が晒されることになったのです。わたしは、その都度、データ担当者に削除を要請しました。罪悪感も感じていました。

〈CASE 15〉「忘れられる権利」か、ネット上での記事公開か http://keisobiblio.com/2017/04/04/hatanaka15/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

世間に制裁される加害者家族をどう報じる 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第14回

マスメディアの犯罪報道は、どちらかというと、被害者に同情的で、加害者に厳しい目をむけがちでした。被害者の立場からすれば、加害者の人権が守られているのに被害者は放置されたままだ、という気持ちになります。しかし、加害者本人は逃げ回っていたり、警察に逮捕されていたりして、バッシングの矢面に立たされているのは、その家族です。

加害者家族に石をぶつけるのは「世間」です。少年犯罪をめぐり、かつて閣僚の1人が、「親は市中引き回しの上、打ち首にすればいい」とおぞましい発言をしましたが、これが世間の処罰感情でしょう。こうした世間の劣情はマスメディアの報道と確実響き合っているように思います。

〈CASE 14〉世間に制裁される加害者家族をどう報じる http://keisobiblio.com/2017/03/14/hatanaka14/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

被害者の実名・匿名の判断は誰がする? 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第13回

事故事件の被害者を実名で報じるか、匿名にするかの判断は悩ましいものです。

マスメディアで主流の考え方は、国民の知る権利に応えるため原則的に実名報道すべし――5W1Hの “Who(だれ)”という情報は記録性や検証性に加えて権力監視のためにも必要だ――という立場です。

ただ、被害者のなかには「名前を出したくない」という人もいます。名前が広く知られれば、支援しようという人が現れるかも知れませんが、逆に、被害者や犠牲者を食いものにしたり、心ない中傷をしたりする人が現れるのではないか。そんな危険性を排除できません。

〈CASE 13〉被害者の実名・匿名の判断は誰がする? keisobiblio.com/2017/02/21/hatanaka13/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

取材先からゲラのチェックを求められたら 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第12回

取材に協力してくれた人から「原稿の内容を確認させてください」と求められた経験があるジャーナリストは少なくないでしょう。新聞社やテレビ局などの組織ジャーナリストたちは、社内でガイドラインが作られたりしていることが多く、あまり悩まない人が多いかもしれません。他方、フリーのジャーナリストや雑誌編集部、テレビ局でも報道以外の部門では、考え方が異なっていると思います。

組織ジャーナリストは「求められても見せない」と突っ張り気味ですが、それは一種の思考停止。一度は取材協力者や取材対象の側に立って悩んでみてはどうでしょう。

〈CASE 12〉取材先からゲラのチェックを求められたら keisobiblio.com/2017/01/31/hatanaka12/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

メディアスクラムという名の人災 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第11回

大事件や大事故、大災害のたびに「メディアスクラム」を発生させていれば、じぶんたちが社会から信頼を失うことを、現場の記者たち自身が実感しています。「見世物じゃない」「邪魔だ、帰れ」「マスゴミはいらない」……そんな言葉をたびたびぶつけられていれば、だれだって、これじゃダメだと気付くはずです。

取材陣が連日大挙してやくる地域の住民にしてみれば、「スクラム」になっているメディア関係者を排除したいはず。「報道の自由」は大切かもしれないが、だからといって、自分たちがメディアスクラムの被害を押しつけられてはたまったものではありません。警察に依頼して、取材陣を強制排除してもらいたいと思っても不思議ではありません。

〈CASE 11〉メディアスクラムという名の人災 keisobiblio.com/2017/01/10/hatanaka11/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

取材謝礼のグレーゾーン 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第10回

「わたしは取材謝礼の類いを一切しません」――そんな方針を貫くジャーナリストがいます。ネタをお金で買うようになってしまったら「小切手ジャーナリズム」と区別がつかなるし、欲得抜きで取材に応じてくれる人に現金を差し出すのは失礼なことかもしれません。週刊誌や民放ではケースバイケースのようですが、一般紙では、謝礼を支払わない原則はほぼ守られているのではないでしょうか。

ただ、ジャーナリストも切れば血の出る人間です。取材相手に多大な負担や犠牲を強いてしまう場合には、言葉だけでは済まないと思えることもあるはずです。謝礼金を支払わない代わりに、その人に有利になるよう事実を曲げて報道するわけにいきません。すなおに、感謝の気持ちをカタチにするほうが良い場合があるかもしれません。

やっかいなのは、どれくらいの謝礼がなされているのか、読者・視聴者には分からないということですね。

〈CASE 10〉取材謝礼のグレーゾーン keisobiblio.com/2016/12/13/hatanaka10/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

小切手ジャーナリズムとニュースの値段 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第9回

「小切手ジャーナリズム」という言葉があります。一般に、お金を支払って得た情報を報道ることを意味します。金に物を言わせてネタを買うこと、ジャーナリズムの世界では「恥ずべき行為」とされています。理由は簡単。ジャーナリストは「知る権利」を体現する役目を担っていて、情報の加工流通業者ではないからです。

でも、それは規範論であって、競争状態にあるジャーナリストたちにとって、できればネタ元を独り占めしたいもの。特ダネのためなら大金を支払うケースも起こりうる、というのが実態です。ネタ元が要求する場合だってあります。じっさい「有料記者会見」は幾度も行われてきました。

「知る権利」を振り回すわりに毒にも薬にもならないニュースを報道する記者よりも、わたしたちに必要なのは、小切手ジャーナリズムでもなんでもいいから、有益な報道ができる記者のほうかもしれません。ただ、小切手ジャーナリズムが公然とおこなわれるようになると、ニュースの公共的な価値が減じるかも知れません。

〈CASE 09〉小切手ジャーナリズムとニュースの値段 http://keisobiblio.com/2016/11/22/hatanaka09/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

原発事故、メディア経営者の覚悟と責任 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第8回

東京電力福島第一原子力発電所が爆発事故を起こした際、大手マスメディアは待避指示を出し、原発から半径数十キロ内の地域を取材する記者がいなくなり、“情報空白地帯”が生まれした。原発から20~30キロ圏内の住民が、われ先に逃げていったマスメディアに不信感を抱いたのはいうまでもありません。

在京メディアは東京に逃げ帰る場所がありますが、災害が発生した地域のメディアに逃げ場はありません。たとえば放射能事故が起こったとき、その近くに位置するメディアの指揮官は、どのような決断を下せるでしょうか。記者の立場から離れて考えてみませんか。

〈CASE 08〉原発事故、メディア経営者の覚悟と責任 http://keisobiblio.com/2016/10/25/hatanaka08/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

報道の定義、説明してくれませんか? 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第7回

橋下徹氏は大阪市長時代、みずからが率いていた政党の映像取材班を会見場に参加させました。政党メディアが「報道機関」が主催する記者会見に、「報道」の主体として参加した例は、日本のジャーナリズム史上異例の事態だったのではないでしょうか(悪しき前例を作りました)。

記者クラブ側は当初、維新のカメラが取材する側に陣取ることを「報道目的ではない」と断りました。しかし「報道の定義」をめぐる橋下氏の問いに対抗できず、結局、維新のカメラが入りました。結果、報道記者が橋下氏から叱責・面罵される光景まで含めてYouTubeなどで閲覧されるようになりました。本当にこれでよかったのでしょうか。

〈CASE 07〉報道の定義、説明してくれませんか? http://keisobiblio.com/2016/08/30/hatanaka07/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

組織ジャーナリストに「表現の自由」はあるか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第6回

「おーい、共同さん、共同さん!」――いまだに共同通信記者として仕事をしていたころの夢を見ることがあります。夢の中では「畑仲さん」ではなく「共同さん」と呼びかけられたり、「おい、共同!」と怒鳴られたりもします。そんなとき、わたしは共同通信社という組織の一部(寄生虫?)として認識されていたことを思い知るわけです。

そういえば、大学を卒業して毎日新聞社に就職したときも、教育係の先輩記者からこんなふうに諭されました。大学出たての若造でも、毎日新聞社の名刺があれば誰でも会えるんだ。だけど、取材相手からすればお前みたいなチンピラなんてどーでもよくて、日本でもっとも輝かしい歴史と伝統をもつ言論機関と向き合ってもらっていると思え、と。

〈CASE 06〉組織ジャーナリストに「言論の自由」はあるか http://keisobiblio.com/2016/08/09/hatanaka06/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

戦場ジャーナリスト、君死にたまふことなかれ 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第5回

大手マスメディアが撤退した紛争地域を取材するジャーナリストたちがいます。彼ら彼女らの存在を、わたしたちはどのように受け止めればいいのでしょう。自衛隊がサマワに派遣されて以降、日本人は第三者ではなく当事者になったといえます。IS(イスラム国)は日本のジャーナリストを標的としていて、ジャーナリストの仕事は困難を極めています。

〈CASE 05〉 戦場ジャーナリスト、君死にたまふことなかれ http://keisobiblio.com/2016/07/12/hatanaka05/

わたし自身、新聞記者になりたてのころ、旅行先の東南アジアでたまたまクーデター未遂事件に遭遇したことがあります。戦車も戦闘機も出動しました。銃撃戦がおこなわわれた現場を、20代前半のわたしはカメラ片手に半泣きで取材しました。戦場では弾がどこから飛んでくるかわかりません。銃声が鳴り止むまで伏せる。鳴り止むと、撃たれてないことを確認し、より安全な逃げ場に移動するか、その場で踏みとどまり写真を撮るかを判断します。このとき、弾に当たって死亡したカメラマンもいましたが、わたしはかすりきず程度ですみました。運が良かっただけです。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

ジャーナリストと社会運動の距離感 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第4回

ジャーナリズムとは、ジャーナルとイズムの合成語です。共同性と公開性が支える公共性…… ジャーナリズムとは、わたしたちの暮らし関する重要な情報をみなで分かち合おうとする思想と実践だろうと思います。それが前提としているのは、表現の自由やデモクラシーに価値を置く社会の存在です。

しかし、わたしたちの社会が大切なものを手放しそうになっているのを、たまたまジャーナリストの側が気づいたとき、「ねぇ、みんな聞いてくれ」と呼びかけることはある。でも、それだけでなく「みんなで集まれ、一緒にやろう!」とアクションを起こすことはどこまで許されるのか。

今回のジレンマは、社会科学に関わっている研究者たちにも、公務員にも決して無縁の議論ではないと思います。

〈CASE 04〉ジャーナリストと社会運動の距離感 http://keisobiblio.com/2016/06/14/hatanaka04/

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

その「オフレコ」は守るべきか、破るべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第3回

取材の原則はオンレコです。ただオフレコでなければ入手できない情報もあります。記者たちはその都度、オンとオフを使い分けて取材をしています。ただ、今回も主人公はかなり悩ましい事態に直面しています。 あとで「どうしてそのような決断をしたのか」と問われたとき、「総合的に判断しました」では説明になりません。やはり、多くの人に理解してもらえるよう、理論や概念を用いて具体的に説明することが求められると思います。 メディアと倫理の問題を考えるうえで重要な事例や、取り上げてほしいテーマがあれば、ぜひご連絡ください。一緒に悩みましょう。 こちらが新しい記事 〈CASE 03〉その「オフレコ」は守るべきか、破るべき...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第2回

勁草書房編集部サイトで「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」の新しい記事がアップロードされました。ぜひお読みいただき、反論やご批判をいただければと思います。 ところで、「連載はじめました」と豪語して、ざっと1ヶ月が経過していました。「1本だけやったら連載ちゃうで、単載やんか」と皮肉られそうな状態でしたが、2本目が公開されて、名実ともに「連載」になりました。ホっ。 こちらが新しい記事 〈CASE 02〉人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか http://keisobiblio.com/2016/05/10/hatanaka02/ こちらが先月の記事 〈CASE 01〉 最高の写真? 最低の撮影者...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」と題する連載をけいそうビブリオフィル(勁草書房編集部ウェブサイト)で始めました。「道徳的ジレンマ」といえば、マイケル・サンデル教授によるハーバード白熱教室の「暴走する路面電車」などを思い出しますね。ジャーナリズムの住人も、抜き差しならない場面で苦渋の選択を迫られることがあります。そんなとき判断基準になるのは、業界団体や所属企業、あるいは職能団体が作ったルールや経験則です。しかし……

畑仲哲雄 「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」 けいそうビブリオフィル勁草書房編集部ウェブサイト

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

ブログ再考

ながらくブログを更新していませんでした。忙しかったからというのと、研究モドキもしていなかったからです。 それはそうと、わが身を振り返れば、身辺雑記のほとんどをfacebookやらtwitterで記していて、ブログ更新がおっくうになっています。facebookにはメッセンジャー、twitterにもDMがあり、それらはスマホからも気軽に使えます。日常生活に忍び込んでいます。それらで近況をつづるのに比べると、ブログに書くのは気合いが要ります。 来年度、すこし余裕が出てきたら、ある程度まとまった思考をブログにまとめていきたいと思います。なぜなら、facebookやらtwitterではまとまったことが書...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

戦後70年に読む手塚作品

 8・6(ヒロシマ)、8・9(ナガサキ)、安倍談話、閣僚の靖国参拝、そして終戦の日。8月16日以降は、戦後70年企画の特別番組もなくなりました。こんなのでいいのかな。それはさておき、疎遠になっていた手塚治虫の作品をこの夏にいくつか読みました。印象深かったのは『奇子』と『アドルフに告ぐ』です。Wikipediaによると『奇子』は1972~1973年に『ビッグコミック』に連載され、NDL-OPACでみると1976に大都社から単行本が出ていました。『アドルフに次ぐ』は1983~1985年に『週刊文春』に連載されています。ともに戦争の狂気が史実をまじえて描かれ、戦後70年の節目の年に読むには良い内容だと思いました。

手塚治虫『奇子 1』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『奇子 2』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『奇子 3』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『アドルフに告ぐ 1』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『アドルフに告ぐ 2』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『アドルフに告ぐ 3』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『アドルフに告ぐ 4』 Kindle版、手塚プロダクション、2014
手塚治虫『アドルフに告ぐ 5』 Kindle版、手塚プロダクション、2014

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

「愛の手」運動の岩崎さんを表敬訪問

 家庭養護促進協会大阪事務所と毎日新聞大阪本社が、児童相談所などと連携して里親を探すキャンペーンを50年以上にわたって継続しているのをご存じでしょうか。「あなたの愛の手を」と題した記事は、マスメディアのキャンペーン報道としては異例の長期企画です。これまで乳児院や児童養護施設を訪れて取材をした「愛の手記者」も相当な数にのぼります。かくいうわたしも過去に担当したことがあり、取材を通じて親とはなにか、親子とはなにかという問題について教えられました。関西に引っ越して2年もたつのに、事務所訪問がはたせずにいたのですが、ようやく今日、愛の手運動のアイコンともいえる岩崎美枝子さんと25年ぶりの再開をはたしました。

家庭養護促進協会大阪事務所
旧HP http://ss7.inet-osaka.or.jp/~fureai/
現HP http://homepage2.nifty.com/fureai-osaka/
子どもの養子縁組ガイドブック――特別養子縁組・普通養子縁組の法律と手続き
親子になろう! (あたらしいふれあい)


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

HAL、鴨川で水遊び

20150607_134000 うちのワンコ(名前はHAL9000)は、水を怖がり、シャンプーも大嫌いですが、先日、炎天下の鴨川河川敷を散歩しているとき、なぜか川面にたわむれるという行動をみせてくれました。9歳にしてはじめての水遊び。水遊びといっても、浅瀬をすこし歩いただけですが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

取材者と取材対象との関係

 奥田祥子『男性漂流:男たちは何におびえているか』(講談社+α新書,2015)読了後、前作『男はつらいらしい』(新潮新書,2007)を読みはじめています。著者は元読売新聞ウイークリー記者で、最後の職場『読売ウィークリー』編集部がお取りつぶしに遭ったことなどから、独立した人われたようです。ながらく「客観報道」の枠組みに縛られてきたけれど、「結婚できない男」たちを取材するうえで、取材者と取材対象との関係を変えざるをえなかったことが吐露されています。

奥田祥子(2015) 『男性漂流:男たちは何におびえているか』 講談社+α新書.
奥田祥子(2007) 『男はつらいらしい』新潮新書.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

『地域ジャーナリズム』が内川賞受賞

Communitarian_journalism 『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房)が、2015年度の第5回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞に選ばれました。お知らせをいただいたときは、まるで豆鉄砲を食った鳩のような状態でしたが、時間が経つにつれ感謝の気持ちがわきあがってきました。本書を評価してくださった選考委員の先生方に感謝を申し上げます。

畑仲哲雄(2014)『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

3・21シンポでの講演メモ(掲載遅すぎ)

2015年3月21日に、キャンパスプラザ京都で開催されたシンポジウム「コミュニティメディア-その公共性とジャーナリズムを考える」龍谷大学政策学部・松浦さと子研究室主宰)で登壇した際の講演メモを掲載するのを長らく忘れていました。遅きに失しましたが、わたしと同じ問題意識をもつ学生や研究者が、きっとたくさんいるはずだ信じて、公開することにしました。とくに、地域ジャーナリムの定義については、本で書いた内容よりコンパクトにまとまっていると思います。できれば本を読んでほしいのですが。。。

畑仲哲雄(2014)『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

結党目的を失った大阪維新は解党すべきか

 大阪維新の会は「都構想実現」のために作られた党です。結党の目的が有権者から拒否されたいま、解党するのが筋かもしれません。橋下氏の去就にだけ注目が集まったのは、彼がタレントだったことから仕方ありません。しかし、橋下氏とともに結集し、ともに苦楽をともにしてきた松井一郎知事や維新の府市議も、都構想実現というミッションを失いったのは同じはず。平たくいえば、やることがなくなったわけです。このままでは「あなたたちの高給こそ税の無駄遣い」「なにわの不良債権」などと皮肉られるかもしれません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

形式的な「両論併記」の罠

 大学教員が授業で自分の(政治的な)意見を表明することは良くないことでしょうか。一般紙がよくやる「両論併記」のように形式的「中立」の見解を述べるにとどめるべきなのでしょうか。わたしは決してそんなふうに思いません。なぜなら、形ばかりの「中立」という立場が、ひとつのイデオロギーを体現する場合があるからです。中立を装いながら、場合によっては体制維持に有利に働いたり、あるいは一種の暴論をまともな意見として認める危険性があるからです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

断食系ダイエット

 若い頃はガリガリだったのに、中年にさしかかって太る理由は、歳とともに代謝率が低下するからだそうです。同じ量のご飯を食べても、若いときは体内で燃焼してくれますが、老いるにしたがって身体に十分に燃焼されずに脂肪として蓄積されます。老年期にさしかかかると、さすがに胃袋も縮むと思いますが、中年期は実に悩ましい。「働き盛りだし、スタミナつけなくちゃ」と、ついつい食べてしまうからです。わたしの場合、お腹がぽっこり出て、餓鬼のようになっていました。ただし、それも1ヶ月前までの話です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊読書人に『地域ジャーナリズム』の書評

Dokushojin 辛口で知られる書評新聞『週刊読書人』 2015年4月24日号第4面に『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房)の書評が載りました。評者は赤尾光史先生。「新潟県上越市の小規模新聞と地元NPOとの『協働紙面』に注目し、両者の『協働』に至る経緯と実態を記録しながらその意義を探り、さらにジャーナリズムの新たな筋道を理論的に考察した研究書である」と概括していただきました。ありがとうございます。

赤尾光史「新たな筋道を理論的に考察:従来のジャーナリズム規範の批判的考察」『週刊読書人』2015年4月24日号

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

琉球新報に『地域ジャーナリズム』の書評

 沖縄県の『琉球新報』 2015年4月19日付の紙面で、『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房)の書評を載せていただきました。評者は、琉球大学法文学部准教授でメディアやジャーナリズムの研究をされている比嘉要先生です。たいへん光栄に思います。とても丁寧に読んでくださり、「概要と事例をまず把握したい読者は第6章から読み始めるとよい」と、道案内もしてくださいました。ありがとうございます。

書評 比嘉要「『地域ジャーナリズム』 社会との関わり多角的に」『琉球新報』2015年4月19日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241979-storytopic-6.html

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«秋山さん、県議に当選