« だれにしようか指導教官 | トップページ | イラク邦人人質へのツライ眼差し »

2004年4月12日 (月)

たどり着いたら、そこは早じまい

まだ入学したばかりで、右も左もわからないうちから、文句めいたことを書くべきではない。これから、イヤと言うくらいの大きな大きな山に登らなければならないのだ。そんな余裕があれば、専門書のひとつも読んでおけと叱られそうだ。

だけど、専門書のひとつも読むために、せめて図書館は夜11時くらいまで使わせてほしい。カウンターサービスも夜9時ごろまで延長してもらいたい。そんな気がした。データベースの端末が夕方5時にしまってしまう。はっきり言って、かなしー。学問は朝から夕方までにぜんぶ済ませろっていうことだよな。

疲れはてて、たどり着いたら、そこはドシャ降りならぬ、早じまい。もう愚痴は言うまい。やりくりするしかないのだ。

|

« だれにしようか指導教官 | トップページ | イラク邦人人質へのツライ眼差し »

「school life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/432695

この記事へのトラックバック一覧です: たどり着いたら、そこは早じまい:

« だれにしようか指導教官 | トップページ | イラク邦人人質へのツライ眼差し »