« 汐留・新橋周辺のお店(2) | トップページ | 映画『ティファニーで朝食を』の関西弁 »

2004年9月20日 (月)

映画『ジョゼと虎と魚たち』の言葉たち

joze_cinemaようやく映画『ジョゼと虎と魚たち』(犬童一心監督)を観ることができた。素朴な感想だけど、池脇千鶴さんはウマかった。わたしが田辺聖子さんの原作で思い描いた「ジョゼ」像とはずいぶん違ったけれど、偽悪的で投げやりな話し方には唸らせられた。この「ジョゼ」の口ぶりは、悪ガキのそれである。池脇さん自身が大阪出身だったので、なるほど、こういうしゃべり方はアリかな、と膝を打った。

このほか、映画のなかで光っていたのは、新井浩文さんの大阪ヤンキー弁である。青森県弘前市出身なのに、新井さんのヤン弁が、大阪生まれ大阪育ちのわたしの耳に、ほとんど違和感なく受け入れられた。そうとう練習したのか、ほんとうに大阪でヤンキーをしていたのかの、どちらかだろう。街で目を合わせたくないタイプの青年である。

でも、わたしがこの映画でもっとも「なつかしーっ!」と嬉しくなったのは、新屋英子さんの元気な姿を拝めたことだ。新屋さんは大阪ローカルのドラマによく出ていた。子供時分からよく見ていたABC朝日放送の超長寿番組「部長刑事」にもたびたび出演していた。「もう帰っとくはなれ!」とか「わたいは騙されまへんで」とか、とにかくエエ味だしてました。

内容については、ネタバレになるので書けないのが残念。ただ、映画のほうは妙にカラっとしていて、みんな青春してました。教養小説のようになっていたのは、脚本家の解釈なのでしょう。

|

« 汐留・新橋周辺のお店(2) | トップページ | 映画『ティファニーで朝食を』の関西弁 »

「books」カテゴリの記事

「cinema」カテゴリの記事

「osaka/kansai」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、くりおねと申します。
トラックバックをいただき、ありがとうございました。
田辺さんの原作も読まれて、映画もご覧になったということでうれしくなって、私からもトラックバックさせていただきます。
新井さん、青森出身でしたっけ。私は「ほんとうに大阪でヤンキーをしていた」のではないかと思ってしまいました。やられたわ。ジョゼにいいようにやられる姿がまたよかったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: くりおね | 2004年9月20日 (月) 09時30分

トラバどーもでやんす。
ジョゼよかったでうよねぇ
またみたい数少ない作品になりました

投稿: ussyaaa | 2004年9月22日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/1475895

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ジョゼと虎と魚たち』の言葉たち:

» 小説「ジョゼと虎と魚たち」の魅力 [論駄な日々]
出社する前に、近くの本屋に立ち寄り、ひっさしぶりに小説らしい小説を買った。きっか [続きを読む]

受信: 2004年9月20日 (月) 01時22分

» ジョゼと虎と魚たち(妻夫木聡、池脇千鶴) [ねこぱんち日記]
 2003年12月公開の映画「ジョゼと虎と魚たち」、久々のちーちゃん主演映画ということで、見たかったんだけど、上映劇場が少なくて、機会を逃していた。  昨日、T... [続きを読む]

受信: 2004年9月20日 (月) 01時56分

» MOVIE 「ジョゼと虎と魚たち」 [くりおね あくえりあむ]
動物園で、虎を見る。 檻の直前まで迫ってくる虎。咆哮。 こちらには来ないとわかっ [続きを読む]

受信: 2004年9月20日 (月) 09時16分

» ジョゼトラについて [実録☆金融ブローカーの非生産的投資日記]
三連休でしたね。みなさんはどのようにお過ごしでしたか? なんか会社で今日「ジョゼ [続きを読む]

受信: 2004年9月21日 (火) 00時20分

» ジョゼと虎と魚たち 映画とサントラと [気合い feat.昆布]
久しぶりの連休で、ひさしぶりになんか見たくなって レンタル屋さんをひやかしにいって、 みつけてしまった。ジョゼと虎と魚たちもうでてたのね、勝手に11月くらいかな... [続きを読む]

受信: 2004年9月22日 (水) 01時12分

» 小説『ジョゼと虎と魚たち』の魅力 [論駄な日々]
出社する前に、近くの本屋に立ち寄り、ひっさしぶりに小説らしい小説を買った。きっか [続きを読む]

受信: 2004年9月27日 (月) 23時45分

» 『ジョゼと虎と魚たち』を見ました。 [日々徒然 〜なるべく愉しく〜]
今日広島修道大学映画研究会上映会で 『ジョゼと虎と魚たち』を見た。 見逃していたちょっと古い映画で もうDVDも発売されているが、 映画館で見ること... [続きを読む]

受信: 2004年11月22日 (月) 21時26分

» 僕が旅に出る理由 [ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!]
僕が旅に出る理由は だいたい百個ぐらいあって ひとつめは ここじゃどうも息もつまりそうになった ふたつめは 今宵の月が僕を誘っていること ... [続きを読む]

受信: 2004年12月15日 (水) 09時40分

» CD購入+復刊希望 [論駄な日々]
田辺聖子さんの小説を読み、犬童一心監督の映画を観た後で、「なんでそこまで?」と笑 [続きを読む]

受信: 2004年12月23日 (木) 22時34分

» ジョゼと虎と魚たち [ビデログXXX]
ジョゼと虎と魚たち 2003年 日本 【監督】犬童一心 【原作者】田辺聖子 【... [続きを読む]

受信: 2005年7月19日 (火) 14時54分

» ジョゼと虎と魚たち(映画) [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
ジョゼと虎と魚たち(通常版)posted with amazlet at 05.08.24角川エンタテインメント (2004/08/06)売り上げランキング: 1,703Amazon.co.jp で詳細を見る 田辺聖子さん原作の小説の映画化。 原作が短編小説というのもあってか、若干ストーリーは異なります。 足に障害を抱えるジョゼと恒夫のラブストーリー。出演者の演技も非常にハマっていて安心して観れます。 すべての心情を語るわけではなく、観る人が共感し... [続きを読む]

受信: 2005年10月 9日 (日) 12時29分

« 汐留・新橋周辺のお店(2) | トップページ | 映画『ティファニーで朝食を』の関西弁 »