« 「ロー生」と「口一生」 | トップページ | 恥は教室でかけ? »

2004年10月 3日 (日)

人を祝わば穴二つ

来春から晴れて「ロー生」になる同居人のようすがどーも妙。受かると思っていなかったW大になぜか合格してしまったことが、いろんな意味で相当ショックみたいです。

郵送されてきた封筒を開けて「合格通知」を手にしたときの表情は、どこかポーっとして夢見心地のようでした。ふわっと浮き上がったような気持ちが、すこしずつ実感を伴って着地していく。そんな感じではないかな。だけど、喜んでばかりいられません。入学してからのしんどさも、容易に想像できるので、なんだかカウンターでボディーブローを食わされたような気持ちも大きく膨らんでいるはず。

はたから見ればポケーっとしているように見えるけど、頭のなかはいろんな思いでいっぱいになっている。昂揚と不安が交互にやってきて、嬉しさと気の重さがないまぜになる。そんなアンビバレントな精神状態は、わたしにも少しだけわかります。ことし2月以降は似たようなものでしたから。

ちなみに、同居人は、てくてく日記(2004.02.19)で、わたしの大学院合格について、以下のようなお気楽なことを書いていました(じぶんの半年後の運命も知らずに!)。

ううーん、四十の手習いね。もちろん、大変なのはこれから。でも応援しちゃるから、時間がかかってもがんばってね。

人を祝わば穴二つ、というところでしょうか。わたしもできる限り応援しちゃるからね!

|

« 「ロー生」と「口一生」 | トップページ | 恥は教室でかけ? »

「law」カテゴリの記事

「mumble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/1582697

この記事へのトラックバック一覧です: 人を祝わば穴二つ:

« 「ロー生」と「口一生」 | トップページ | 恥は教室でかけ? »