« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日 (金)

今さらながら初めてのコミケ(下)

20041230_2気付いたこと。
その1 模倣
わたしはオタクもアニメも門外漢だから、当初、どの作品も似たり寄ったりに見えてしまった。たとえば、メイド服姿+ネコ耳少女という典型的なキャラクター。特段の思い入れがないので、どいつもこいつも同じに見える。つまり「模倣・マネばっかり」というのが第一印象だった。

続きを読む "今さらながら初めてのコミケ(下)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さらながら初めてのコミケ(上)

20041230きのう(30日)はじめてコミケ会場に足を運び、人の数に圧倒された。人、人、人、人・・・・・・・・まるで1970年の大阪万国博覧会を彷彿とさせる人の多さだった。アニヲタやコスプレの人波をくぐりながら、場違いな風体のわたしと同居人が、東京ビッグサイトの巨大会場を物見遊山し、ここでしか買えない作品をいくつかゲットした。

続きを読む "今さらながら初めてのコミケ(上)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月28日 (火)

映画『アバウト・シュミット』と先輩のブログ

shmidtようやく観ました。アレクサンダー・ペイン監督『アバウト・シュミット』(2002年,米)。業界の先輩が運営するウェブログ「シュミットさんにならない法」のタイトルが、この映画からヒントを得てつけられている。気になっていたが、なかなか観る機会がなくずいぶん先延ばしになってしまった。

続きを読む "映画『アバウト・シュミット』と先輩のブログ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

クリスマス・イブに中落ち

04-12-24築地には魚のお店がたくさんある。クリスマス・イブの昨夜、同居人に連れていってもらったのは「Jige」(東京都中央区築地2-14-3 NIT築地ビル 電話03-3248-6332)というお店。当日夕に「ダメモト」で予約の電話を入れたところ、あっさりOK。クリスマス・イブに魚を食べる人は少ないのかも。

続きを読む "クリスマス・イブに中落ち"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

CD『ジョゼと虎と魚たち』購入

joze_cd田辺聖子さんの小説を読み、犬童一心監督の映画を観た後で、「なんでそこまで?」と笑われそうだけど、近くの新星堂でサントラCDが売られていたので、つい買ってしまった。くるり『ジョゼと虎と魚たち』(SPEEDSTAR RECORDS、2003.11)

続きを読む "CD『ジョゼと虎と魚たち』購入"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004年12月22日 (水)

8ヶ月ぶりギックリ

lowbackpain夕食前、大きなクシャミをしたら腰に激痛が・・・・・・・その場でしゃがむこともできず、寝転ぶるわけにもいかず、額に脂汗を浮かべながら、しばらく手すりにつかまってジーっとしてました。はあ、みっともない。

続きを読む "8ヶ月ぶりギックリ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

元ジャーナリストが学生を特訓

ひょんなことから見つけてしまったこのページ。

続きを読む "元ジャーナリストが学生を特訓"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

発話媒介行為 > f (差別表現)

ジュディス・バトラー『触発する言葉』岩波書店、2004年 y = f ( x ) にヒントを得て表題をつけてみた。すこし変かな?

指導教官のゼミで、再びジュディス・バトラーの論文を読んだ。今回は『触発する言葉―言語・権力・行為体』(岩波書店、2004年)。バトラーはカリフォルニア大学バークレー校で修辞学・比較文学を教えており、文章はレトリカルで晦渋だが、この本は原著で読むと比較的分かりやすい(ようである)。ただ、わたしは竹村和子訳で読んだ。したがって分かりにくかった。

続きを読む "発話媒介行為 > f (差別表現)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年12月12日 (日)

映画『ニュースの天才』と雑誌『TNR』

捏造特集を組んだニュー・リパブリック誌2003年11月10日号の表紙にはグラス氏写真が掲載された風邪の症状がおさまってきたので、夜の六本木にくりだしてビリー・レイ監督『ニュースの天才』(2003、米)を学割料金で観てきた。この映画は、高級誌The New Republic(TNR)』を舞台に実際に起こった事件をもとに作られている。原題の「SHATTERED GLASS(粉々に砕け散ったガラス)」が、数々の記事を捏造した若手記者の名前 Stephen Glass(スティーブン・グラス)に引っかけられていて、その他の登場人物も多くが実在の人物である。

続きを読む "映画『ニュースの天才』と雑誌『TNR』"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004年12月 9日 (木)

違法な職質は増えている?

違法職質が急増している警視庁やや旧聞だが、元衆議院議員の白川勝彦さんが、違法な職質の被害に遭ったことを自らのウェブサイトや雑誌などを通じて公表している。それによると、いまからちょうど1ヶ月前の11月8日、渋谷の公道で、突然4人の警官に取り囲まれて、持ち物を見せろ、財布の中身を見せろと迫られたという。

続きを読む "違法な職質は増えている?"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004年12月 7日 (火)

Sophisticated Fraud

fraudman.jpg
Phishing(フィッシング)と呼ばれる詐欺があることは知っていましたが、それが一体どんなものなのか、高木浩光さんのブログを読んで初めて知りました。感想を一言でいうと、「こわ」です。

続きを読む "Sophisticated Fraud"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日)

警察はなぜか星占いが好き

seiza_graph.gif
すでに旧聞ですが、徳島県警が「星座別に見た交通事故の特徴」というページを真面目に公開していて笑えます。「平成3年から平成15年までの交通死亡事故1056件の第1当事者を星座別に統計・分析した結果」を、円グラフと表にして「時間帯別」「曜日別」「事故類型別」などの分析をしているのです。「決して星占いではありません」と断っていますが、星座別のPDFファイルがダウンロードできるように配慮していて、かわいいアイコンが並んでいます。

続きを読む "警察はなぜか星占いが好き"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年12月 4日 (土)

電波時計を置く場所

数年来つかっていた掛け時計がこわれたので近所のDSに足を運んだところ、「電波時計」というシールが貼られた商品がいくつもあった。秒針がなめらかに動き、チクタク音がしないモノを購入することにした。フツーの掛け時計なら1000~3000円くらいであるのだけど、前述の条件を満たす電波時計は6000円以上した。

続きを読む "電波時計を置く場所"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »