« ジャグジーではありません、ジャクージです | トップページ | 現代人の仲間入り? »

2005年2月15日 (火)

汐留・新橋はカレー激戦区

16日に東京汐留ビル2Fに「夢民(むーみん)」がオープンする。これで汐留・新橋地区は神保町に次ぐカレー激戦区になったと言っていい。以下はわたしの知っている店のリスト。

【すでに足を運んだ店】
・The KARI (港区新橋5-31-7、03-3437-2526)
平日ランチタイムだけ営業。店内はカウンターだけで、テイクアウトもある。基本メニューはビーフ(辛口)、チキン(やや辛)、エビとキノコ、豆とキーマの4種類。700円台から900円台。夜は営業していないので、近くに職場があるひとしか行けない。サラサラ系でカルダモンとクローブが香っている。かなりおいしいと思う。
http://homepage3.nifty.com/curry/interest/curry/kikou/shop/kari.html

・ガネー舎 (港区新橋5-12-2、鴻盟社ビルB1、 03-3433-0309)
札幌で生まれたスープカレーの店。バンダナのマスターによると、とりカリィ(900円)が自慢のようだが、ラムもいい。スパイスはタイムやローズマリーなどがきついような気がする。インパクトは強い。
http://www.shinbashi-mall.jp/shop/ganesha/index.html

・マンダラ2nd (港区新橋6-7-2、ヤマトヨビル1F、03-5401-3465)
神保町のインド料理店「マンダラ」から分家したらしい店。お昼は混むのでなかなか入れない。カレーランチ(カレー+ナン+サフランライス+フルーツ入りヨーグルト)が950円。
http://www.shinbashi-mall.jp/shop/mandala/index.html

・アジャンタ カレッタ汐留店 (東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B1、03-6215-8860)
本店は麹町の日テレ前にある老舗。カレー屋さんというよりも、インド料理店と言うべき。さらに厳格にいうと、南インド料理店というべきなのだけど、バスママティ・ライスがない。ナンなんて出さずに、インディカ米にラッサムかサンバルをぶっかけて食べたいものだ。お昼は1500円ほどのランチと1000円以下のテイクアウトメニューもある。付け合わせの酸っぱ辛いタマネギはおいしい。この店がエライと思うのは、日曜日も営業していること。
http://gourmet.livedoor.com/item/400/i20962047/

・ボンベイクラブ (港区東新橋1-5-2 汐留シティーセンター2F、)

マハラジャグループの店。ニューヨークスタイルのインド料理店。女性客を意識した雰囲気。ランチは1000円前後だったように記憶しているが、なぜだか最近足を運ぶ機会が減っている。
http://www.maharaja-group.com/bombay/bombay.html


・カフェ☆ドゥ・ミル・ドゥ (港区新橋5-5-5 パークテラビル1F、03-3578-3435)

エスプレッソコーヒーと欧風カレーが自慢の店。サッカーファンのマスターとママが切り盛りするカウンターだけ店。どちらかというと、変わりダネカレーだろうか。最初は目で楽しみたい。
http://r.gnavi.co.jp/a068400/

・玄氣カレー (港区新橋2-20-15、03-3572-2004)
断っておきますが、わたしが日本で最もウマイと断じる大阪・西天満の食堂玄氣のカレーとはまーったく関係ない店です。
http://www.curry-degenki.tokyo.walkerplus.com/

【これから行く店】
・夢民・汐留Pedi店 (港区東新橋1丁目9番1号、Pedi汐留2F、????????)
高田馬場の本店には何度も足を運んだ。早稲田大出身者によると、「あの店は昔から味が変わらないのがすごい」らしい。いろんなトッピングが楽しめ。これぞカレーライスという味。これまで食べてきた本店では、黄色いターメリックがご飯の湯気で香り立つが、Pedi店はどうだろう。
http://www.mumin.jp/

・Nagafuchi (港区西新橋3-5-1、03-5401-1271)
おいしいという噂だけは伝わってくる。行かねばと思っている。

・せんば自由軒新橋店(港区新橋3-8-8、03-5425-2371)

織田作が愛したという大阪・船場の自由軒の支店。生卵をぽちょんと落として食べるドライカレーがウリだ。

・Day by Day (新橋5-22、松岡田村町ビルのB1)
おばちゃんが作ってる店らしい。湯島の「さんらいず」みたいな店だろうか。

|

« ジャグジーではありません、ジャクージです | トップページ | 現代人の仲間入り? »

「gourmet」カテゴリの記事

コメント

キャベツがたくさん入ったスープ状のサラサラなカレーは初めてだったので、インパクトがありました。新橋周辺にカレーショップがこんなにあるとは知らなかった。《ヒロ》

投稿: 《ヒロ》 | 2005年3月 8日 (火) 22時39分

新橋界隈には久しく足を運んでいませんが、凄いことになってるんですねぇ。

大阪出身の立場からヒトコト(^O^)。
関東の方は、ほとんど誤解されていますが、"船場"自由軒というお店は、実は織田作之助の小説に登場する自由軒とは別物です。残念ながらコチラは大阪エリアにしか出店がありません。

http://www.jiyuken.co.jp/curry/index.html

実際、食べてみると"難波"自由軒の方が"インディアンカレー"と銘打っているだけあって、結構辛くてインパクトがあります。それに卵の黄身が乗って、程よくマイルドな味になっています。
"せんば"自由軒のほうは、全体にマイルド路線です。辛いのが苦手な方には、"せんば"自由軒の方が良いかも知れませんね。
今も大阪に帰省すると、辛いもの好きの私は難波自由軒に必ず"名物カレー"を食べに行っちゃいます。大阪にご出張の折は、是非難波(千日前に近いです)の自由軒へ行ってみてください。

投稿: 浪花商人 | 2007年12月 1日 (土) 10時02分

>浪花商人さん
コメントをありがとうございます。おっしゃるとおり、せんばと難波は微妙に(大きく?)違います。
せんばと難波の違いについては、以下のサイトが分かりよいです。

 >>「なにわの伝説カレーを新橋で」ニッポンのGOHAN ( 47news )

ようするに兄弟で暖簾分けをして分派し、流派も流儀も変容していったわけですね。
大阪に行くときは、千日前に行きます!

投稿: 畑仲哲雄 | 2007年12月 1日 (土) 10時36分

古い情報ですが
naga○chi
確かに旨い!
ただ店長がかなり偉そうです。いかにも、こだわりの店のこだわり店長て感じで私には合いませんでした、、、

新橋駅構内のカリカルは行かれましたか?
自分的にはオススメです!
が最近味が変わったとの噂が?
参考になればとお節介な情報でした。

投稿: masZ | 2009年3月26日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/2945231

この記事へのトラックバック一覧です: 汐留・新橋はカレー激戦区:

» 新橋・夢民(むーみん) チキン野菜エッグCurry [新橋・千葉地区のランチ日記]
JR新橋駅より徒歩10分。Pedi(ペディ)汐留の2階にある インド式カレー「夢民(むーみん)」 場所はここ。 「ゆりかもめ」だと新橋から一駅分歩くことになるが... [続きを読む]

受信: 2005年2月25日 (金) 23時53分

» 041121 『アジャンタ』@麹町 - 衝撃のマトンカレー。 [酒徒善人]
社会人に成り立てだった数年前の僕に、衝撃を与えたカレーを今日は紹介したい。 『ア [続きを読む]

受信: 2005年3月 6日 (日) 17時09分

» 炒伽哩 [食べ歩き.jp]
汐留の東京汐留ビルにある、炒伽哩。 前までは夢民というお店だったが、メニューはそのままに、店名が変わった。 ここのカレーは不思議で、インド式らしいが、カレーが炒めてある。 人気メニューはベーコンエッグ野菜カリー。 辛くなく、マイルドな味。 汁がすくなく、カレー味の炒め物をかけて食べているみたい。 でも、時々食べたくなる癖になる味。 住所:港区東新橋1-9-1東京汐留ビルPadi汐留2F Tel:03-6274-5068 営業時間:11:00〜22:00 定休日:なし 予算:1,000円/人...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 02時55分

» なにわの伝説カレーを新橋で [ニッポンのGOHAN]
織田作之助も愛したライスカレー [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 22時45分

» 汐留・新橋はカレー激戦区(改訂版) [論駄な日々]
なぜだかカレー店が多い新橋・汐留エリア。2005年2月に「汐留・新橋はカレー激戦区」という記事を書いて以来、大勢の人が訪問してくれた。しかし3年も経てば事情も変わってくる。このあたりで改訂版を書いておきたいと思う。店ごとにブログを3つずつ紹介する(客筋が見えてきて面白い)。... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 06時02分

« ジャグジーではありません、ジャクージです | トップページ | 現代人の仲間入り? »