« 旧聞ながら気になる統計 | トップページ | だれがウソをついているか »

2005年8月31日 (水)

ドリルの恐怖を消す妙案

親知らずを抜いた後、周辺のムシ歯治療を受けていて発見したことがある。歯医者の診察台は頭部と口元は動かせないが、両手両足は自由だ。そこで、ドリルで歯をゴリゴリと削られている悪夢のような時間に、人差し指と親指の間の部分をグリグリ押してマッサージしてみた。あ~ら不思議! それまで全神経が歯に集中していたのに、マッサージのおかげで意識が分散するのか、ドリルの苦痛/恐怖がやわらぐのである。そこで思いついたのが、歯医者さんと手や足のつぼマッサージ/リフレクソロジー業者との協業。香りの良いアロマポットを置いたり、ヒーリング系のやさしい音楽を流すことをオススメする。

発想を逆転させてみるのもいい。マイレージのようなサービスもやってみてはどうだろう。どれくらい削られたか/どれぐらい痛かったかによって、ポイントが貯まるようになれば、あの嫌なドリルで神経にさわるときの激痛もすこしは楽しくなる。診察券に「歯を抜いた人の中から毎月抽選で5人に iPod mini が当たります」などと記されていたりしたら、歯痛に悩む人は少なくなるのではないだろうか。

いずれにしても、全国の歯医者さんはビジネスモデルの転換を!(ただ痛いのに耐えるのはゴメンです)

■歯関係おもしろサイト
・歯科医の苦悩 2001年12月「タロウじいさん」 タロウじいさんの話は最高に面白かったです
・ハーネット 「ドリル」の恐怖を克服するには? 克服よりもポイントが貯まる方が良いと思うんだけどなあ
・歯医者ブログ 人生を楽しむ人として、満ち足りた歯科医として。 治療の写真がいっぱいあって興味深い

|

« 旧聞ながら気になる統計 | トップページ | だれがウソをついているか »

「mumble」カテゴリの記事

コメント

リフレクソロジーの考案者も、戦争中で麻酔なしの手術をした際、患者が手足をベッドの端に押し付けて痛みを和らげようとする動きを見て反射区を発見したそうですよ。

ハタさんのやったことも理にかなっている、ということです。それにしても実家が歯医者の身としては「痛い」話ですなぁ。

投稿: bamboo | 2005年8月31日 (水) 07時03分

bambooさん: 実家が歯医者さんだったのですか! そいつは失礼しました。歯医者さんのブログや日記などを読んでいると、みなさんいろいろ考えているのがよく分かります。それにしても、リフレクソロジーって「戦争中で麻酔なしの手術」を観察して生まれたというのは、すごい話ですね。なるほど、よく効くはずです。ぜひ「協業」してもらいたい。

投稿: 畑仲哲雄 | 2005年8月31日 (水) 09時43分

面白いアイデアですね。営業的センスがあるなあ。最近、僕も歯医者にかかって、ドリルをやられました。その前にこのブログを読むことができていたなら。マイレージも笑ってしまった。僕が歯医者で感じたのは、もっとインフォームド・コンセントを歯医者も重視せよ、ということでした。大雑把には説明はするものの、丁寧に何をやっているか、やろうとしているのか、説明し、同意を得るということをしている歯医者は少ないと思います。昔は、延々とチビチビ治療していた記憶があります。お金儲け。その伝統?が歯医者にはあるのかなあ。

投稿: 京野菜 | 2005年8月31日 (水) 14時33分

http://www.charanavi.com/
これ、動物占いの四柱推命戻しなんですけど、歯医者がどうのという話が。


>どれぐらい痛かったか

よーしパパ、それを測定する質問項目を(ry

投稿: 仲間由紀恵@3年計画 | 2005年8月31日 (水) 22時58分

京野菜さま: 説明責任を求め合ってギスギスするのもいやですが、説明不足というのもいやですね。歯ってふつう「延々とチビチビ治療」するものだそうですよ。右側を治療しているときは、食べるときに左側で噛む必要がありますし、一度にまとめてというのが難しいんですって。

投稿: 畑仲哲雄 | 2005年8月31日 (水) 23時56分

仲間由紀恵さん: charanavi.com占いの結果、ジンクス猿でした。ついやってしまうw
「痛みの単位」として「ハナゲ」というのがありましたっけ。いまの痛みは「4ハナゲだ!」とか。

投稿: 畑仲哲雄 | 2005年9月 1日 (木) 00時01分

畑仲さんへ。ふつう「延々とチビチビ治療」すると書かれていますが、都内には記憶に間違いなければ、たいていの治療なら1回ですべて治すという歯医者が何人かいて、盛況でした。ですので、必ずしもチビチビが「正道」でもないのでは。

投稿: 京野菜 | 2005年9月 1日 (木) 12時11分

京野菜さん: へえー、1回で治す人もいるんですか!すごいですね。たしかに、小さな虫歯なら1回で済みそうですね。歯医者さんもいろいろ工夫しているんですね。

投稿: | 2005年9月 1日 (木) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/5715652

この記事へのトラックバック一覧です: ドリルの恐怖を消す妙案:

« 旧聞ながら気になる統計 | トップページ | だれがウソをついているか »