« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

ワンコの名前、決定!

Halhalワンコの名前がとうとう決まった。この間、いろんな名前が浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・そんな毎日を送り、本当に疲れた。わが子の名前を他人につけてもらう人のきもちが少しわかった。人とワンを一緒にしてはいけない。でも、名前というのは、簡単に決められない。最後はエイヤ、っと決断するしかなかった。
(いろんなアイデアを寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございます!)

続きを読む "ワンコの名前、決定!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

Civic J / Public J

(今回も備忘録です)
同じモノやコトに対して、複数の言葉が用いられることがある。たとえば "public journalism" と "civic journalism" はその典型だろう。どちらを使ってもかまわないし、ごちゃまぜに使われてきた。それでもいいかと思っていたら、区別しようとする試みがあった。これは香港バプテスト大助教授のニプ博士の私案かな?

Nip, Joyce Y. M. (2006) 'Exploring the second phase of public journalism', Journalism Studies vol.7, no.2, 2006, pp212-236, Routledge

続きを読む "Civic J / Public J"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

クルマがうちにやってきた

19022_1ワンコを飼うより一足早く車を買ってしまった。都心に暮らしている者に自家用車なんて不要。公共交通機関と2本の足さえあれば、どこへだって行ける。実際、なるべく歩くようにしてきた。排ガスをまき散らし、、人を傷つけてしまうリスクを抱えるのは愚の骨頂と思っていた。にもかかわらず、クルマを買ってしまった理由は、自宅に駐車スペースができたから。都内で駐車場を借りると毎月数万円。駐車スペースに車を置かないでいると、毎月数万円を損しているような気がして・・・・変な理屈から買ってしまった(写真はTAMIYAのプラモデルで、実物の車ではありません)。

続きを読む "クルマがうちにやってきた"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

ワンコがうちにやってくる

Wanko0604081729_1きょう夕方、ブリーダーさんのところで子犬を見せてもらってきた。犬種はミニチュア・ピンシャーというドイツ犬。ドイツ名をZwergpinscher(Zwergは小さいという意味)。わたしと同居人が訪問したときは、まだベッドで眠っていたが、ブリーダー夫妻がベッドごとケージから引きずり出して抱かせてくれた。3月7日に産まれたばかりの4匹は、まだ小さくて、いじらしいくらい可愛らしかった。ゴールデンウィークが明けたころ、写真右側のワンコと一緒に暮らすことになる。

続きを読む "ワンコがうちにやってくる"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »