« ワンコがうちにやってきた | トップページ | 散歩の準備 »

2006年5月18日 (木)

ワンコがうちにやってきて

Mataguraいやー、ホンマになーんにもできない。ハルがわが家にやってきてからというもの、論文どころじゃないのだ。ブリーダーさんのサイトには、長時間ひとりぼっちで留守番をしていたのだから、帰宅したときにいくら疲れていても30分は一緒に遊んであげて、と書かれてある。・・・・コイツは、わたしが帰ってくるのを今か今かと待ちわびていたのだ。そう思うと、胸がキューっとしめつけられて、1時間半以上は遊んでしまう。

Yokome小っちゃな体で力いっぱい駆け出すと壁や戸に激突するんじゃないかとハラハラするし、視界から消えて異音をさせると電気ケーブルを噛んでるんじゃないかとヒヤリとさせられる。トイレ以外の場所で粗相をすることもあるので、そのたび大あわてでトイレに運ばないといけない。興奮のあまり度を超えた甘噛みをされると“噛み犬”になったらどうしようと思う。遊びすぎて興奮が収まらなくなると過呼吸になってしまったらどうしようと思ったり。昇れっこないと思っていた階段をぴょこぴょこと上がってきたときは、「落ちて骨でも折ったらどうするんじゃい、ボケーッ!」と怒鳴りあげた(心の中で)。

2006年3月7日生まれのハルはいま、月齢2ヶ月半。人間でいうと3~4歳程度というところ。数時間おきに眠ったり起きたりを繰り返しているようだ。ワクチンはまだ1本しか打っていないので、2本目を打つまで外に連れ出して走らせるわけにはいかない。ハルが1日24時間を1つのサイクルとして、食事とトイレと散歩を定時にこなせるようになれば、研究生活も少しは進むはず。もうしばらくの辛抱だろう。

Dogyear
ワンコを飼うというのは想像以上に大変。3ヶ月を超えたあたりからきっちりとシツケをしなければならない。でも、なにがあろうと、絶対に可愛いんです。

|

« ワンコがうちにやってきた | トップページ | 散歩の準備 »

dog」カテゴリの記事

コメント

 この画像ナンダロとクリックしたら!恐れ入りました。わたしの長女の娘の長男は小型犬なら二十歳なんだ感動してしまったのでした。すみません。方向違いの感想で。しっかり子育て願います。それにしても楽しそうだな。

投稿: schmidt | 2006年5月18日 (木) 23時43分

 先ほどのコメント「わたしの長女の娘の長男」は「わたしの長女の長男」の間違いでした。お詫びして訂正いたします。

投稿: schmidt | 2006年5月18日 (木) 23時45分

schmidtさま: お孫さん、もう1歳半ですか! 早いですね。さぞかし可愛らしいんでしょうね☆ こんど写真を見せてくださいね。

投稿: 畑仲哲雄 | 2006年5月19日 (金) 01時11分

HN変えますか。
小型犬のほうが長生きなんですね。

投稿: 3年計画 | 2006年5月20日 (土) 17時23分

3年計画さん: 年齢表はあまり当てになりません。小型犬は室内で飼われることが多く、病気を発見しやすいからじゃないかな。環境の影響が大きそうですよ。3年さんはペット嫌い?

投稿: 畑仲哲雄 | 2006年5月20日 (土) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/10132315

この記事へのトラックバック一覧です: ワンコがうちにやってきて:

« ワンコがうちにやってきた | トップページ | 散歩の準備 »