« 公共性についての備忘録(2) | トップページ | 映画『スミス都へ行く』と世論 »

2006年7月17日 (月)

カレーの季節

お疲れ気味のときは、ついつい麺類でエネルギーを補給しがちになる。冷やしそうめん、冷やしタヌキ、ざるそば、つけ麺……そんな看板についフラフラと誘われてしまうだけど、わたしの場合、そんなことでは夏は乗り切れない。やはり香辛料(生薬)がたっぷり効いたカレーがないと、負けてしまう。というわけで、最近足を運んで気に入った店や、また行こうと思っている店を概括しておきたい。(ちず窓βを使ってみましたが、ちょっとウザイかも)

【日式】
▽うどん(東京都品川区西五反田2-31-5 03-5434-2308)
季節の夜かれーとバジル・ポークカレーを食べました。スープ系のカレーで、日本食にたとえると味噌汁とごはんのような感じ。ただ、バジルの効いたカレーはけっこうクセになります。カウンターだけの小さな店ですが、おやじが茶目っ気のある人。ちなみに、この店でうどんは食べられません。店内の雰囲気は、大阪・西天満の食堂玄氣(←ちなみに、ここの玄氣カレーは絶品ですわ)に通じるものがある。
http://www18.ocn.ne.jp/~c.udon/
うどん

▽スパイス・カフェ(東京都墨田区文花1-6-10 03-3613-4020)
古い木造アパートをリノベーションしたナチュラル系カフェで、店内の雰囲気が気持ちをなごませてくれる。2000円のカレーコーストを食した。とても丁寧に作られていた。自家製ソーセージも野菜も美味。デザートは甘すぎだったけど、また行こ。
http://www.spicecafe.info/home
スパイス・カフェ

▽トプカ(東京都千代田区神田須田町1-11 03-3255-0707)
もはや何も申しますまい、的な有名店。欧風とインド風の二刀流。基本はインド風のチキンだと思うが、生タマネギとトマトを添えたマトン・カリーや、タンドリーチキンとお豆のムルギダルもおいしい。夏バテ気味のときは肉汁の甘みのあるポークもオススメ。東京のでんでんタウン、アキバから歩いてもすぐの位置にある。各地に支店ができているが、やはり淡路町の本家がうまい。
http://www.topca.co.jp/
トプカ


【印式】
▽シターラ(東京都港区南青山5-7-17 小原流会館B1 03-5766-1702)
高級感あふれるお店。アジアというよりも、ヨーロッパ・ワインを取りそろえたコロニアルな雰囲気。カレーはどれも上品。八角のきいた?中華っぽいマトンカレーやカリフラワーなど野菜のタンドリー焼きがおいしかった。接待にも使える。ディナーは予約が必要。名刺を置いて帰ると、メールマガジンが送られてくる。
http://www.sitaara.com/
シターラ

▽パナス(東京都文京区大塚1-1-14 03-3947-3035)
下町のインド料理店。地元の人が通いつめる気さくな雰囲気で、安くておいしくて量も満足できる。サリーを着たおばちゃんの人柄がにじみ出ている。路地裏にある人情食堂。
公式サイトなし→ http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13022557/
パナス

【南印式】
▽A・RAJ(東京都豊島区南池袋2-42-7 03-3981-9688)
えーらーじ、と発音するらしい。八重洲の「ダバ インディア」に引けを取らないサンバルやラサム、マサラ・ドーサが食べられる。飾り気のない店。ただ、ミールスは予約をしておかないとダメで、これが難点ちゃんか。でもまあ、こういうお店が各地の街角にできるといいな。好みの店です。
http://www.a-raj.com/
A・RAJ

▽シャンティ(東京都台東区上野5-26-6 桂ビル 2F 03-3835-2977)
御徒町ガード横の宝石店が並ぶエリアにある店。隣がフーゾク店ということもあって、子供づれやデートには不向きかも。ラサムはトマトスープみたいだった。タマリンドをもっとしっかりきかせてほしい。ホールを担当する関西弁の女性が南インド料理についていろいろ教えてくれる。
http://www.shanti-curry.com/
シャンティ


【錫蘭式】
▽セイロン・イン(東京都目黒区上目黒2-7-8 03-3716-0440)
スリランカ式カレーの名店。辛酸っぱいスパイスたっぷりのスープを飲めば、風邪も吹き飛びそう。フィッシュ・ゴダンバというのを食べてみたが、悪くなかった。カッタサンボルはタマネギたっぷりでご飯によくあう。次回はふりかけ系のカレー(名前を失念)を食べてみようと思う。
セイロン・イン


■関連リンク
・365カレー http://blogs.dion.ne.jp/curry/
・30日間カレー生活ブログ http://keiziweb.exblog.jp/
・お気に入りのカレー屋さん300 http://love-curry.seesaa.net/
・東京カリ~番長のブログカレー http://blog.excite.co.jp/tokyocurry
・デリー オンラインレストラン店長日誌 http://blog1.delhi.co.jp/archives/50422055.html
・汐留・新橋はカレー激戦区 http://hatanaka.txt-nifty.com/ronda/2005/02/post_7.html
・万定のレヂスタア http://hatanaka.txt-nifty.com/ronda/2005/03/post_4.html

|

« 公共性についての備忘録(2) | トップページ | 映画『スミス都へ行く』と世論 »

「gourmet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/10950216

この記事へのトラックバック一覧です: カレーの季節:

« 公共性についての備忘録(2) | トップページ | 映画『スミス都へ行く』と世論 »