« フォルダ消失 | トップページ | 巨星墜つ »

2006年9月21日 (木)

頭の燃費

新司法試験の合格発表があった。領域が違うので、遠目に見ているだけだが、さぞ悲喜こもごもなのだろう。ふと思うのは、予備校さながらの受験対策を徹底していたと噂される慶応や中央の合格率が大したことなく(←数は多いが)、なんか浮世離れしているような東大のほうが高合格率というのは皮肉だなあと思う。勉強量をガソリンに例えると、燃費の良い頭と燃費の悪い頭があるのだろう。法科大学院別合格者数を見るとその差は歴然としている(法務省のPDFファイル)。「試験で高得点を取る学生が、必ずしも良き職業人、良き研究者になるとは限らない」なんて言う人もいるけど、「良き職業人」「善き研究者」に占める東大生の比率も、やっぱり高かったりして・・・

ついでなので、日の丸と君が代を強制された東京都立高校などの教職員が都などを相手に起こした訴訟で、東京地裁の難波孝一裁判長が示した判断を備忘録として記しておく。

「日の丸、君が代は第2次大戦終了まで皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱で、現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない。信仰に準じた世界観、主義、主張から国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人は少なからずいる」
  ↓
「国旗国歌は強制するのではなく、自然のうちに国民に定着させるというのが国旗国歌法の趣旨であり、学習指導要領の理念」
  ↓
国旗国歌を強制する通達や職務命令は「教育基本法が禁じた教育への不当な支配に該当する」
  ↓
「式での国歌斉唱などを積極的に妨害したり、生徒に国旗国歌の拒否をあおったりしない限り、教職員には国歌斉唱などを拒む自由がある」

すでに退職に追い込まれたり、飛ばされたりした先生もおられると思いますが、大いに勇気づけられました。

|

« フォルダ消失 | トップページ | 巨星墜つ »

「law」カテゴリの記事

「mumble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/11988184

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の燃費:

» 先日の丸山真男にエリーティズム [JOHNY’s BLOG]
しばらく借りていました新書。そろそろ返そうかなと思い、ざっと整理。  丸山の本郷での戦後始めての講義は次のように始まった。  われわれは今日、外国によって「自由」をあてがわれ強制された。しかしあてがわれた自由、強制された自由とは実は本質的な矛盾 − CONTRADICTION IN ADJECT(ママ)ーである。自由とは日本国民が自らの事柄を自らの精神を以て決するの謂に 外ならぬからである。われわれはか... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 00時22分

« フォルダ消失 | トップページ | 巨星墜つ »