« 事実婚と法律婚 | トップページ | 私企業内の民主主義 »

2006年10月29日 (日)

また痛めてしもた

左足小指の骨折からはや約1ヶ月。ようやく痛みも取れてきたというのに、きょう、再び同じ指を椅子にぶつけてしまった。痛さは前回と同じくらい激しいけれど、痛む場所と痛みの質が若干ちがう。

1回目の骨折は「不運ですね」「お大事に」と哀れんでもらえるけれど、2回目は「ただの粗忽者」なのだそうです。足だけではなく、心までも痛いです。ううう。

|

« 事実婚と法律婚 | トップページ | 私企業内の民主主義 »

「mumble」カテゴリの記事

コメント

こっちまで痛くなってきた。

投稿: 仲間由紀恵@3年計画 | 2006年10月29日 (日) 22時36分

うわっ><
そりゃ想像するだけでも痛い><
昔、大きな西瓜を切ろうとしていて西瓜が
足の親指の上に落ち、救急病院に行ったことを思い出しますた><

投稿: 野口小姐 | 2006年10月30日 (月) 11時27分

仲間先輩、小姐さん、ありがとう。
若い時分なら、こんな怪我はしないと思います。ちょっと古い表現ですが、老人力がついてきたのかもしれません。

投稿: 畑仲哲雄 | 2006年10月30日 (月) 20時49分

腰かと思ったら、指だったんですね。私も今日、自転車転倒時(5月)に痛めた左手小指(突き指)が何か?に当って、またちょっとウズいています。その時「あーハタさんと同じ」と思った次第です。

投稿: Ami | 2006年10月30日 (月) 23時16分

Amiさん、同病相憐れむとはこのことですね。

投稿: 畑仲哲雄 | 2006年11月 1日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/12477127

この記事へのトラックバック一覧です: また痛めてしもた:

« 事実婚と法律婚 | トップページ | 私企業内の民主主義 »