« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

ひっぱく

生きてます。まだ、どうにか・・・・。ただ、このところ忙しく、日記の更新ができません。忙中閑なし。10年に1度あるかないかの日々。2月になったら温泉行こ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

水にも負けず、熱にも負けず

Usb02同居人がすでに書いているので、いまさらながらの話題だが、ちょっとすごい話なのでご紹介。日曜の午後、そいつを衣類のポケットに入れたまま、全自動洗濯乾燥機にいれてしまった。泡の中でゴシゴシ洗われ、水の中を泳ぎ続け、高温の熱風のなかをカラカラ回転させられ続けたそいつとは、バッファロー製USBメモリくんである。洗濯物を採り入れていたとき、同居人が洗濯槽のなかにあるのを発見した。ふつうに考えれば、とっくに昇天しているはず。べつに大切なファイルが入っていたわけではないので、軽ーい気持ちでバイオノートに差し込んでみたら、ぬわんと、なんの問題もなく認識され、ファイルもすべて無事だった。むやみに堅牢。バッファロー、すごすぎ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

記号表記と記号内容

まったくもって、どーでもいい話だけど、子供のころの誤解をいくつかご紹介--。わたしは木星が木でできている星だと固く信じていた。水星は水の塊で、金星は金の塊、土星は土の塊。火星はめらめら燃えている星で、いずれ太陽のように成長するものとばかり思っていた。火星は火の星なので、水星に衝突すると消えてしまうけれど、木星に衝突するとすべてを焼き尽くしてしまうのだろう、となんとなく思っていた。シニフィエとシニフィアンの間で変なことになっていたのだ。Jupiter should be wooden planet と英訳すると意味不明だが、日本語の場合は「木星」も「木製」も、「もくせい」なので、混同するのも無理がない。

続きを読む "記号表記と記号内容"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

私企業内の民主主義

いやしくも“民主主義”の政治理念を掲げる国家ならば、議会は民主的でなければならない。議会の代表を選ぶ市民には普通選挙権が与えられ、自由や平等が保証される必要がある。それは政治的な手続きだけに留まらず、ひとつの規範的な理念、あるいは思想としてあらゆる場面に敷衍する。たとえば、政党内は民主的でなければならない。学校運営も民主的であるべきだとされる。だけど、防衛や防犯のための軍隊や警察の内部が民主的でなければならないとか、プライベートな空間である家庭内や企業内にも民主主義のルールが貫徹されるべきだと考える人はそう多くないだろう。

続きを読む "私企業内の民主主義"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »