« 新聞記者の表象 | トップページ | ひとまとまりの潮流 »

2007年3月29日 (木)

しゃべれるPDA、X01HT(3)

070329_0022スライド式のキーボードが装備されているX01HTではあるが、けっして打ち易いとはいえない。ふつうの携帯電話が親指で操作するよりもましではあるが、キーボード自体はHP200LXのほうが良くできている。Escキーがないことや、Tabキーが独立していないことも扱いにくさの原因だし、数字を入力するのも面倒。そこでリュウド(本社・新潟県十日市町)の折りたたみ式ワイヤレスキーボードを通販で買ってみた。製品名はRboard for Keitai(RBK-2000BT)

070329_002102このキーボード、Bluetoothで携帯と接続するため、単4電池2本が必要になる。電池がどれくらいもつのか分からないが、重さは約180g(電池なし)と軽い。これまでは出張や旅行にノートPCとデジカメを持ち運んできたが、カメラ付きのX01HT+RBK-2000BTにすれば、かなり身軽になる。腰痛持ちには大助かりである。

さすがにX01HTには『世界大百科』や『スーパー・ニッポニカ』は入りきらないが、欲をいえばきりがない。すでにPDICや三省堂辞書パックを持ち運べるのだからそれだけでもありがたいと思うことにしたい・・・・とは言っても、Windows Mobile用のDDWINがほしいなあ。

|

« 新聞記者の表象 | トップページ | ひとまとまりの潮流 »

「digital products」カテゴリの記事

「nerd」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/14444167

この記事へのトラックバック一覧です: しゃべれるPDA、X01HT(3):

« 新聞記者の表象 | トップページ | ひとまとまりの潮流 »