« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

ケータイ誤請求、保険業界と同じ?

Softbank_1ソフトバンクモバイルから、4月分の明細を記した「携帯電話料金のご案内」が届いた。封を開けると、信じられないくらい大きな金額が記されていてびっくりした。平均月額支払額の約10倍。明細を見ると、請求額の大半はパケット料金だった。このときわたしの胸の内に、ある種の罪悪感恥の意識がもやもやと高まり、なんとも暗い気持ちになった。だが待てよ、たしか、3月10日に 702NK から X01HT に乗り換えたとき、販売員は「サービス・キャンペーン中なので、2カ月間はパケット無料です」と言っていたはずだが…

続きを読む "ケータイ誤請求、保険業界と同じ?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

計画制御の愚

Yasutomi01複雑系について興味がないわけではないが、夏学期に履修登録したY先生の本を読んでいて「ああ、なるほど」とひざを打った。たとえば何かプロジェクトを推進するとき、わたしたちは (1)調査→ (2)計画→ (3)実行→ (4)評価 というような順序でものごとを進めようとする。こうした枠組みは「計画制御」と呼ばれ、機械の制御などでよく用いられる。しかしY先生によると、複雑な変数が入り組む社会において計画制御は「いつもうまくいかないはずだ、もしうまくいくことがあるとしたら、それは別の理由があるはずだ」と力説する。

安冨歩(2006)『複雑さを生きる-やわらかな制御』岩波書店

続きを読む "計画制御の愚"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

血中コナモン濃度

030403143安田講堂の地下にある学生食堂で「赤門ラーメン」なるもの(同居人がハマっているのが不思議)を食べて帰宅したあとテレビを点けたら、NHKためしてガッテンに「うまい屋」のおっちゃんが登場していてびっくりした。もちろん、おっちゃんは「本場大阪で大評判の達人」として紹介されているのだ。そう、この日のテーマは「ごっつウマ!たこ焼き大革命」。テレビを見ていてよだれが出たのは久しぶりである。しんぼうたまらーん! 東京くんだりに暮らしていると、どうしても血中コナモン濃度が低下して不健康になります。

先日、大学院の知人から「大阪に行く機会が多いのでおいしい店を教えてと言われ、リストを送った。せっかくなので、うまい屋を含めて、備忘録として掲載しておく。修正すべき箇所があれば教えてください。(写真は、2003年4月13日に喜多さんの許可を得て撮らせてもらったものです。でかいポスターにするか、Tシャツにプリントにしたい)

続きを読む "血中コナモン濃度"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月)

しゃべれるPDA、X01HT(4)

土曜日に入院させた。この端末、アンテナの感度が悪く、電波を拾わなさすぎなのだ。通話時にしょっちゅ回線が切れる。電話がかかってきて応答ボタンを押すと同時に「プ、プ、プ・・・」となる。というか、頻発する。こちらがキレそうになるので、自分の精神衛生を保つ目的も込めて、ソフトバンクショップに持って行ったら、生意気なニイちゃんから「工場出荷状態になるだけです。2週間程度かかりますよ」と言われた。こちらはアンテナの感度が悪いことを問題にしているのに、初期状態になったとしてもまったく問題解決にならない。もし江戸時代ならば、即刻、無礼打ちとなる対応である。

続きを読む "しゃべれるPDA、X01HT(4)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

民主主義、いざ!

Demnowlogoひと仕事終え、何気なくCATVチャンネルをザッピングしていると、朝日ニュースターで「デモクラシーNOW!」というえらく真面目な番組をやっていて、番組終了までの約20分食い入るように見てしまった。派手さも笑いもなく、カーテンのような布きれの前に中年男女4人が座ってしゃべり続けるだけ。大げさな効果音や「続きはCMの後」などの過剰な演出に馴らされたオーディエンスには、むしろ新鮮で妙に親しみの湧く(個人的には勉強になる)番組である。

続きを読む "民主主義、いざ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

反プロパガンダもプロパガンダか

Chomすでに旧聞ではあるが、先月渋谷で見た『チョムスキーとメディア―マニュファクチャリング・コンセント』について思ったことを忘れないうちに備忘録として記しておきたい。この映画は普遍生成文法で知られる言語学者で、かつ「社会主義的アナキスト」を標榜するノーム・チョムスキーの思想と行動を描いた167分の長編ドキュメンタリーで、1992年に製作され2007年にようやく日本上陸した作品である。

ピーター・ウィントニック&マーク・アクバー『チョムスキーとメディア―マニュファクチャリング・コンセント』(原題:Manufacturing Consent :Noam Chomsky and the Media, カナダ, 1992)

続きを読む "反プロパガンダもプロパガンダか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »