« ケータイ誤請求、保険業界と同じ? | トップページ | ワンコの近影 »

2007年5月 3日 (木)

真綿でくるまれた針

JubakuY先生の『複雑性を生きる』の続編にあたる『ハラスメントは連鎖する』(光文社新書)を読了。前作同様、絶叫系のジェットコースターに乗っているようで、少し酔ってしまった。正直いうと、この本に悪酔いをさせられる人もいるだろうと思う。むろん、解放されるという心地よい酔いを覚える人も少なくないと思う。とにかく熱い、というか熱すぎる。これまで出逢った人たちの顔が次々と浮かび上がって疲れた。育児中の人は読んで損なし。

安冨歩・本條晴一郎(2007)『ハラスメントは連鎖する-「しつけ」「教育」という呪縛』光文社新書299

夏学期に先生のゼミを履修登録した関係上、あれやこれやと書き散らかすと差し障りがあるが、ハラスメントの呪縛から解放されるヒントとして、マハトマ・ガンジーの「Satyagraha =サッティヤーグラハ」、孔子の「夫子の道は忠恕のみ」などについて触れられているのがとても印象的であった。アリストテレスふうにいえば「善く生きよ」ということだろうか、そういえば、河合隼雄さんが“援助交際は魂に悪い”なんて言っていたなあ、などと腕を組みながらページをめくっていくと、〈植木等の無責任男でいいのだ〉という趣旨のことが書かれてあり、爆笑してしまった。

コミュニケーションにおいてコンテキストを創発しあえる関係は心地よい。だけど、こちらが一生懸命コンテキストを読み取り学習しているのに、ちっともこちらのの話を聞いてくれない人もいる。そういう人とかかわるのは時間の無駄である。「○○してはならない/せよ」という強制と、「これはあたなのためを思って言ってるんだよ」という強制を隠蔽する表現が発せられることはよくある。他者から強いられたことすら意識できない強制に直面すると、だれだって罪悪感を覚える。ここにハラスメントの入り口があるのだとY先生はいう。どこかのページに、針は危険だが役に立つこともあるが、真綿に包まれた針は危険以外のなにものでもない、ということが書かれてあったが、なるほどうまい(こわい)表現だと思う。

本筋からそれてしまうが、一点だけ違和感を表明したい。マハトマ・ガンジーが非暴力闘争を展開したとき記した文章中に「男らしい」云々という表現があり、安冨先生の地の文でも「雄々しい」という言葉をお使いになっていた。地雷表現なのですこし心配になりました。


5月5日(こどもの日)追記  ハラスメント加害者(ハラッサー)の特徴的な振る舞いを引用(pp.195-196)
  • 意味不明なことを自信を持ってやってみせる。
  • 意味不明なことを自信を持って言う。
  • 勢いよくまくしたてる。
  • 理不尽に怒ってみせる。
  • 困ってみせる。
  • 自分を憐れむ。
  • レッテル貼りをする。
  • もっともらしく理念を語る。
  • 自分のかかわっていることだけが唯一の善いことだと主張する。
  •  こういう人ってたくさんいます。ただし、ハラッサーはまだましなほうで、ハラスメントの被害者が加害者に転じたケースのほうが(他者の規範で行動するだけに)悪質であるそうです。うー、困ったなあ。こういうのもたくさんいるぞ!

    |

    « ケータイ誤請求、保険業界と同じ? | トップページ | ワンコの近影 »

    「books」カテゴリの記事

    「dysphoria」カテゴリの記事

    「school life」カテゴリの記事

    コメント

    本條さんちょっと知ってますよ♪
    男らしいと雄々しいの使い方がまずい?
    男らしいと雄々しいに代わる表現ってあるのかな。

    投稿: 仲間由紀恵@6年計画 | 2007年5月 4日 (金) 09時55分

    先輩、こんど本條さんを誘ってメシでも食いましょう!
    あと、ぼくもそれほど詳しいわけじゃないけど、ジェンダー・バイアスのかかった表現は、性的マイノリティへの抑圧になりがちでしょ。性をめぐる価値観の押しつけは、先生がおっしゃる「ハラスメント」とどういう関係になるのかなと考えると、地雷っぽい気がしたんだ。ガンジーが使った元の言葉がどうだったのか知らないけれど、すくなくとも「雄々しい」って表現は、「勇気がある」とか「気高い」とかに置き換えられるんじゃないかな。そもそも「雄々しい」の反対語は「女々しい」だもの。

    投稿: 畑仲哲雄 | 2007年5月 4日 (金) 23時10分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/14938343

    この記事へのトラックバック一覧です: 真綿でくるまれた針:

    « ケータイ誤請求、保険業界と同じ? | トップページ | ワンコの近影 »