« 総裁選フィーバーの変 | トップページ | 「元特攻」の反共監督とクレージー映画 »

2007年9月22日 (土)

遅まきながら『それボク』

41g1q3otjpl_aa240_論文の執筆に追われて見過ごした映画がようやくレンタルビデオになったので、眠い目をこすって観た。その作品とは、周防正行監督の『それでもボクはやってない』。「人質司法」に代表される刑事司法の貧困を、痴漢冤罪を素材にみごとに問題提起していた。個人的にはもっとも良質な人権啓発ドラマだと思う。「人権啓発」などと表現してしまうと、どこか説教くさくなってしまうが、周防さんは『Shall we dance?』や『シコ踏んじゃった』などのエンタテインメントを撮った監督だけあって、地味ながらダレてしまう部分はない。

周防正行監督『それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)』(2007、東宝) 公式サイト

痴漢という犯罪はただでさえ色眼鏡で見られやすい。この映画に対し、女性の敵に利することにならないかと危惧する人も少なくなかったのではないだろうか。「どれだけ多くの女性が泣き寝入りをしているのか知っているのか」「痴漢たちに言い逃れをする方法を教えるだけじゃないか」などという心配をする女性たちがいても不思議ではない。

しかし本作は、そうした女性たちの心配を、ひとまずわきへやってでも“告発”しなければならない問題を提起する。被害者vs加害者という二項対立を描く勧善懲悪モノでもなければ、信念を曲げない無実の被告と熱血弁護士が無罪を勝ち取るお涙ちょうだい物語でもない。痴漢事件はあくまで素材。物的証拠によって、ぐうの音も出ない立証をすることができない事件であれば何でもよかったはず。選挙違反でも贈収賄でも談合でも詐欺でも。

この映画、できれば義務教育で使ってもらいたい。のぼせあがった“熱血かぶれ”警官の不当職質で迷惑を被ったことのある者として、心からそう願う。映画の中では実態が批判されていたが、少なくとも当番弁護士の電話番号ぐらいは携帯電話に入れておいたほうがいい---接見に来てくれる弁護士が信用できるかどうかは別だけど。

旭川 0166-51-9527
札幌 011-272-1010
函館 0138-41-0232
釧路 0154-41-5833
青森県 017-777-7285
岩手 019-651-5095
仙台 022-214-1054
秋田 018-862-3770
山形県 023-622-2234
福島県 024-534-2334
茨城県 029-228-9800
栃木県 028-643-1234
群馬 027-235-6900
埼玉 048-866-9845
川越ブロック 049-226-3972
熊谷ブロック 048-521-0844
東京 03-3580-0082
千葉県 043-221-7330
横浜 045-212-0010
新潟県 025-222-3765
山梨県 055-235-7202
長野県 026-232-3658
静岡県 054-252-0008
浜松ブロック 053-455-3009
沼津ブロック 055-931-1848
富山県 076-421-4811
金沢 076-221-0242
福井 0776-23-5255(土日祝は 090-3290-5406)
岐阜県 058-265-0020
名古屋 052-203-0698
三重 059-224-0999
滋賀 077-511-2225
京都 075-212-0010
大阪 06-6363-0080
兵庫県(神戸) 078-341-2940
阪神ブロック 06-6412-8030
明石ブロック 078-360-6056
播磨ブロック 0792-24-7115
但馬ブロック 078-360-8301
奈良 0742-23-9300
和歌山 073-422-4580
鳥取県 0857-22-3912
島根県 0852-21-3464
岡山 086-223-4401
広島 082-222-4915
山口県 083-922-0087
徳島 088-652-5768
香川県 087-822-3693
高知 088-824-7331
愛媛 089-941-6279
福岡県 092-733-0333
北九州ブロック 093-583-3800
筑後ブロック 0942-32-2719
飯塚ブロック 0948-28-7555
佐賀県 0952-24-3411
長崎県 095-824-3903
佐世保 0956-22-9404
熊本県 090-3661-3133
大分県 097-536-1458
宮崎県 0985-22-2466(土日祝は 090-3328-3141)
鹿児島県 099-226-3765
沖縄 098-835-4343
(引用元:日弁連 - 逮捕されたとき! -当番弁護士制度について

ちなみにこの映画の登場人物のなかにはモデルになる人が鏤められていて、司法関係者にはオタク的な面白さがある。阿曽山大噴火さんをモデルにしたと思われる人は、品性下劣に描かれていたが、阿曽山大噴火さん、有名税だと思って笑って許してあげてください。

|

« 総裁選フィーバーの変 | トップページ | 「元特攻」の反共監督とクレージー映画 »

「cinema」カテゴリの記事

「dysphoria」カテゴリの記事

「law」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/16533048

この記事へのトラックバック一覧です: 遅まきながら『それボク』:

» 学生の殺人事件の影 [大学生のリアルな叫びをお聞きください]
初めまして。トラックバックさせていただきました。迷惑でしたら申し訳ありません。私は、ブログで巷の社会問題などに対して、リアルな視点から事実を分析することを目的として、1つのブログを書いている者です。よければ遊びにきてください。... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 17時16分

» 「それでもボクはやってない」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「それでもボクはやってない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、もたいまさこ、山本耕史、他 *脚本・監督:周防正行 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。..... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 08時20分

» それでもボクはやってない・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
大ヒット作「Shall We ダンス?」が公開されたのが1996年だから、実に11年ぶりの新作となる。 何はともあれ、周防正行が第二の長谷川和彦化しなかったのは喜ばしい。 周防映画といえば、主人公がひょんな事から仏教、相撲、... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 10時56分

« 総裁選フィーバーの変 | トップページ | 「元特攻」の反共監督とクレージー映画 »