« 容赦のかけらもない文芸映画 | トップページ | ポケッとしてるとコロキウム »

2007年11月 8日 (木)

落合采配で考える個人と組織

オペラとスポーツを語る玉木正之さんが、このところ一部の中日ファンからバッシングを受けてらしたようで、お気の毒としか言いようがない。わたし自身は社会人になってからスポーツへの関心が薄れていたが、周辺の話題には興味がなかったわけではなく、今回の玉木さんの議論には注目していた。わたしとしては、完全試合を目前にした投手を終盤になって交代した落合采配は、個人よりも集団が優先されたことの象徴のように思えたし、、玉木さんの意見に説得力を感じていたが、玉木さんがラジオの番組で若い人に失望したようなことをおっしゃっていたことを知り、うーむ、と考え込んでしまった。

「日本シリーズの結果、未だに賛否両論」玉木正之 ( 中西一清スタミナラジオ・スポーツエンターティメント、RKB毎日11月7日 )
玉木正之公式WEBサイト『カメラータ・ディ・タマキ』

「勝つためだ」と言われたら、なんか「お金儲けしたらどこが悪いんだ」と言われたようなのと同じような気持ちになって・・・ 勝つための野球といえば、かつて川上哲治さんがやりはじめたんですよね、チームプレーを。それが広岡タツローさん、森マサアキさんに引き継がれて、落合博光さんにきたと考えると・・・ みなさん選手時代は個人主義者ばっかりですね。じぶんの考えでじぶんのやりたいことやってきた選手が、監督になるとチームのためと、いうふうに変わってしまうんだなあ、ということに一抹の寂しさを感じ、とくに若いファンのなかに「チームのために」という人が多いと言うことを知りましてね、なんで? いまの若い奴らってそんなんなの?と・・・ まいったなあ・・・わたし、歳とりましたわ(笑)

上記引用はラジオ(ポッドキャスティング)のなかでの玉木さんの言葉。じぶんは自由気ままな人生を送ってきたくせに、監督になった途端、選手には自由を与えないことのズルさに対する指摘は、なるほど野球界だけではなく思い当たることがいくつもある。また、スポーツというものが結局のところ勝つか負けるか、それによって金を儲けるか儲けないかという、身も蓋もない行為に収斂されてしまえば、スポーツに内在する価値を著しく減じてしまうのではないか、という危惧もよくわかる。なによりも、個を抹殺して組織を優先することを肯定する言説が、若い人たちに多いことへの脱力感が、玉木さんをゲンナリさせているのだとすれば、わたしも考え込んでしまう。

ただ、玉木さんの言説も、ややステレオタイプ化されているような危惧を覚えないでもない。というのも、若い人というのは体制に逆らうものだ、組織に反発して個人の自由を尊んでこそ若者だ--などといわんばかりの玉木さんの表現はパターナリスティックに感じられる。団塊オヤジでそういう説教をする人が多いことも、経験上しっている。そうしたことへの反発の含んだ上で、とりわけ玉木さん的な団塊オヤジに対して「チームのためで、どこが悪い」とあえて挑発する若者が大勢いたのだとすれば、玉木さんは何も心配する必要がない。それこそ若者らしい振る舞いだからだ。でも、そうではなくて、全体主義的なものを肯定する若い人が増加中というのであれば、ちと厄介だ。

|

« 容赦のかけらもない文芸映画 | トップページ | ポケッとしてるとコロキウム »

「dysphoria」カテゴリの記事

「politics」カテゴリの記事

コメント

>全体主義的なものを肯定する若い人が増加中というのであれば、ちと厄介だ。

 「『空間識失調』のまま」あるいは「無邪気に」を冒頭に置きたいです。

投稿: | 2007年11月10日 (土) 10時30分

プロ野球板から来ました。

>落合博光

それ門田。

>じぶんの考えでじぶんのやりたいことやってきた選手が、監督になるとチームのためと、いうふうに変わってしまうんだなあ

川上・広岡・森・落合はチームプレーできなかった選手? 百歩譲ってそれを認めたとしても、立場変わったら変わってくれないと。落合のスタンドプレーだって言うならまだわかるけど。

年齢書いて投書した人がどれだけいるのか知らないけど、本当に若い人が全体主義なのか疑問。単に玉木さんが「最高に美しい野球の瞬間w」をご存知ないことに対する反発だって、読み取れてないの鴨。

投稿: 仲間由紀恵@6年計画 | 2007年11月10日 (土) 15時55分

>匿名さん
「『空間識失調』のまま」というのは面白い表現ですね。
 ただ、あれこれ考えると、純粋なスポーツ談義を超えて、スポーツジャーナリズム界における一種の権威であるところの「玉木正之」さんを「ひっぱたきたい」という人も相当数いるかもしれませんね。

投稿: 畑仲哲雄 | 2007年11月10日 (土) 16時03分

>仲間先輩
 するどいツッコミをありがとうございます。
 「最高に美しい野球の瞬間」というのが玉木さんのキーワードですね。ぼくは野球の美しさが理解できないので、そこに触れることができないのです。
 ぼくが危惧しているのは、放送局に対し「玉木を出すな」「玉木を使うな」と抗議の意思を表した人が少なからずいるということ。キャスターの中西さん自身が番組中で明かしていて、なんだか嫌~な気がしましたよ。

投稿: 畑仲哲雄 | 2007年11月10日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/17009044

この記事へのトラックバック一覧です: 落合采配で考える個人と組織:

« 容赦のかけらもない文芸映画 | トップページ | ポケッとしてるとコロキウム »