« 七草と七福神が言えない | トップページ | 銃社会と『猿の惑星』 »

2008年1月14日 (月)

汐留・新橋はカレー激戦区(改訂版)

なぜだかカレー店が多い新橋・汐留エリア。2005年2月に「汐留・新橋はカレー激戦区」という記事を書いて以来、大勢の人が訪問してくれた。しかし3年も経てば事情も変わってくる。このあたりで改訂版を書いておきたいと思う。店ごとにブログを3つずつ紹介する(客筋が見えてきて面白い)。

【すでに足を運んだ店】
・The KARI (港区新橋5-31-7、03-3437-2526)
新橋からも御成門からも汐留からもすこし距離があり、地の利は良くないにもかかわらず、変わらないおいしさ。個人的にはこのエリアで最もおいしいと思う。お昼しか営業しておらず、カウンター10席ほど。しかし、並んででも食べる価値はあるだろう。基本メニューはビーフ(辛口)、チキン(やや辛)、エビとキノコ、豆とキーマの4種類。700円台から900円台。季節によって辛酸っぱい青唐辛子(ビッキーヌ?)がテーブルに用意される。うま辛い。
http://love-curry.seesaa.net/article/1012056.html
http://shinbashi.jugem.jp/?eid=6
http://curry.smori.com/database/the-kari.php

・炒伽哩 汐留店 (港区東新橋1-9-1 東京汐留ビル2F、03-6274-5068)
2007年秋「夢民-Pedi汐留店」から「炒伽哩」と看板が変わった。詳しいことは知らないが、夢民のカレーが引き継がれたようだ。夢民は言わずと知れた高田馬場の個人営業の銘店だけど、炒伽哩は明王物産という会社のチェーン店。カレーのベース部分は夢民のレシピを受け継いでいる。いまだに「夢民いこか!」なんて口走ってしまうくらい夢民のカレーは偉大だった。それにしてもこの店は激辛系のファンが多いなあ(人のこと言えないけど)。
http://tabearuki.jp/archives/003429.html
http://currybucho.blog73.fc2.com/blog-entry-330.html
http://blogs.yahoo.co.jp/karatouoyaji/7119066.html

・シャヒィ マハル (港区東新橋2-5-11 メトロ沖山ビル1F、03-3432-8221)
いつオープンしたのか知らず、まったくノーマークだった。庶民ふうのインドカレーで、期待せずにランチで利用したところ、コストパフォーマンスも良く、全般的に悪くなかった。いちど夜に行ってみないと分からないが。この店に言及しているブログが少ないのは、まだ知られていないためだろう。
http://inotti1.mie1.net/e22598.html
http://blog.so-net.ne.jp/alinlin-flower/2007-09-21
http://blog.emachi.co.jp/HealingLabo/diary_detail/00000042076/

・ボンベイクラブ (港区東新橋1-5-2 汐留シティーセンター2F、03-5537-2215)
ニューヨークスタイルを謳っていて、シーザーサラダみたいなサラダがあり、インド料理店らしくない。ただ、この店がわたしの評価を高めている理由は、バスマティライスを出していること。複数で行くとライスを壺で出してくれる。おかわりもOK。ただ、カレーの味はマハラジャグループの味です。
http://violet-su.spaces.live.com/Blog/cns!6A3CF7678706E0FD!1088.entry
http://currybucho.blog73.fc2.com/blog-entry-221.html
http://mulacat.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/bombay_club_43b3.html

・インドネシアラヤ (東京都港区新橋4-4-3、03-3433-7005)
インドネシア料理の老舗中の老舗。もちろんカレーもある。なによりも落ち着いたエキゾチックな雰囲気がよい。インドカレーや日式カレーライスに飽きたら、ココナッツミルク風味の甘辛いカレーもよい。しかし、この店でランチを食べると、午後から仕事をしたくなくなるんだよな。
http://blog.livedoor.jp/cho_kandakko/archives/50417478.html
http://arooi.blog92.fc2.com/blog-entry-284.html
http://love-curry.seesaa.net/article/76697447.html

・せんば自由軒新橋店(港区新橋3-8-8、03-5425-2371)
ウスターソースを垂らして食べる卵かけドライカレーの店。兄弟で暖簾分けをしたようで、大阪の難波自由軒とは別系統。先代の本店は織田作之助の『夫婦善哉』にも登場する--「ライスカレー」がハイカラで珍しかった時代、伊達男のオダサクも足繁く通ったようだ。話のタネになる。
http://maruru110.exblog.jp/7483821/
http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/2007/10/post_46.php
http://blog.livedoor.jp/syaru_log/archives/51647800.html

・スープカリィ厨房ガネー舎 (港区新橋5-12-2、鴻盟社ビルB1、 03-3433-0309)
スープカレーの店として定着。マスターおすすめの「とりカリィ」(900円)もいいが、個人的にはラムが好きだ。スパイスはタイムやローズマリーなど、スープカレー特有のものがブレンドされている。
http://kuidou.cocolog-nifty.com/blog/125/index.html
http://love-curry.seesaa.net/article/9003213.html
http://shinbashi.jugem.jp/?eid=3

・マンダラ2nd (港区新橋6-7-2、ヤマトヨビル1F、03-5401-3465)
一般的なインドカレーの店。神保町のインド料理店「マンダラ」から分家したらしい。巷のブログを見ていても、「ナンがでかい」「ナンがおいしい」という記述が多いが、カレーそのものに対する記述が少ないのは、・・・わりとフツーだからではないかな。わたし的には、やっぱり神保町のマンダラでフィッシュティッカを食べたいところだ。
http://prayforrain.blog62.fc2.com/blog-entry-56.html
http://blogs.yahoo.co.jp/giga_racing/51726714.html
http://you-happycafe.blog.drecom.jp/archive/1004

・カフェ・ハイチ (港区東新橋1-5-2汐留シティセンターB106、03-5568-6653)
一度だけ昼に行き、ドライカレーを食したが、うーん、わたし的にはハマらなかった。カレーというよりも、カフェごはんですね。この店のドライカレーを見たとき、市ヶ谷の「パク森」のカレーを思い出した。パク森にも久しく行ってないなあ。
http://blog.so-net.ne.jp/quadratprints/2007-09-10
http://kuronekojijiji.blog24.fc2.com/blog-entry-404.html
http://sundayfield.blog86.fc2.com/blog-entry-5.html

・カリカル (新橋2東口地下街1号 Wing新橋、03-3574-7283)
地下街によくあるスタンドのカレー屋さんにしか見えないが、老舗らしい。カレーの香辛料が体に善いことがパネルで紹介されているお店。ただ、自由軒もそうだが、昔からやってますという店は、独特な進化をしている。昔はハイカラでかっこよかったのもしれないが、わたしはたぶんハマれない。
http://kuidou.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_96c2.html
http://abuyasu.blog2.fc2.com/blog-entry-1655.html
http://nabeway.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_3307.html

【なくなった店】
・ゴーゴーカレー 新橋店
超B級のカレーライスもたのしいもの--いつか行こうと思っていたら、すでになくなっていた。いつまでもあると思うなB級カレーということか。

・アジャンタ カレッタ汐留店
ランチメニューなどでがんばっていたのだけど、、、残念。ラサムライス&ペッパーチキンフライやドーサを食べるには、麹町の本店に行くしかない。

・カフェ☆ドゥ・ミル・ドゥ
しばらく行かないうちになくなっていた。移転して別の場所で活躍されているようだ。

・夢民 汐留店
けっしてなくなったのではなく「炒伽哩」に引き継がれた。

・玄氣カレー
お粥の店かなにかに変わっていた。納得。

・Day by Day
結局、出会えずじまいだった。

【これから行く店】
・Nagafuchi (港区西新橋3-5-1、03-5401-1271)
結局、まだ行ってないんですよ。食べ歩き野郎を自称しているくせに3年も行ってないなんて、・・・慚愧に堪えません。たしか、欧風カレーですよね。きっと行きます。

|

« 七草と七福神が言えない | トップページ | 銃社会と『猿の惑星』 »

「gourmet」カテゴリの記事

コメント

Nagafuchiのカレーは美味いですよ。The KARIも辛いけど、ここも辛い(辛さ普通で)。でも方向が違う。お店のサイトを見たら、スープカレーと言っていますね。薬膳風の味ではなかったけど身体に負荷を与えない、さっぱりした余韻が残りました。つぎは辛口に挑戦しようと思います。でもここらへんには、まだ行っていない店やリピートしたい店がほかにもたくさんあるんですよね…。

投稿: MT | 2008年2月 4日 (月) 18時45分

>MTさん
 ありがとうございます。
 なるほど、噂にたがわず、ですね。
 寒さが一段落したら、足を伸ばします。
 あー楽しみ!

投稿: 畑仲哲雄 | 2008年2月 4日 (月) 20時43分

ザカリうまいかなあ? 深みみたいなのが皆無だし、店員の態度も悪かった(くわしてやってるみたいな?

自分で作ってるカレーがうますぎなのだろうか? 自分で作り出してから
外でうまいカレーに会ってない。 コストは大して違わないと思うが。。

投稿: | 2008年9月10日 (水) 02時41分

カレー激戦区といえば神保町が思い浮かびますが、新橋エリアもそうだったんですね。
現在の勤務先は西新橋ですがランチタイムは虎ノ門の方が近いため、そちらの方へ足を運びます。
虎ノ門でカレーを食べるときはリズカレー東京のテールカレーが多いですかね。
香辛料はあまりきいていませんが、野菜の甘味も感じられて今時めずらしい和風な味だと思います。

投稿: 新橋ウォーカー | 2008年10月 6日 (月) 23時44分

>新橋ウォーカーさん
 コメントありがとうございます。
 「リズカレー東京」はまだ行ったことないので、こんど、テールカレーを試してみます(^^)
 ネットで調べたら、大阪市中央区平野町に「リズのカレー屋さん」というのがあり、そこでもテールカレーが評判だったようです。大阪の店はすでに閉店していて、経営者が虎ノ門に進出してきたのかもしれませんね。(リズカレー東京 http://riz.pepper.jp/)
 

投稿: 畑仲哲雄 | 2008年10月 7日 (火) 00時05分

nagafuchiは欧風カレーじゃないですよ。
色々ありますが、オリジナルのカレーはスープ状のインド風に近いと思います。
薬膳のドライカレーもかなり水気の少ないインド風かと。

ザ・カリも僕は嫌いじゃないんですが、
湯島デリー系のインドカレーが好きな輩にとって
新橋での代替と言う位置付けかと。
確かに営業時間と言い、強気な感は否めません。

リズカレーは関西人が好きそうな(?)
野菜の溶け込んだ濃厚カレーで美味しいと思います。

ここぞ!と言う一店がまだ見つかりません…。

投稿: 汐カレー | 2009年6月12日 (金) 21時32分

>汐カレーさん
 「ここぞ」が見つかったら教えてください(笑)
 

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年6月13日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/17681398

この記事へのトラックバック一覧です: 汐留・新橋はカレー激戦区(改訂版):

» コメント5000個めとトラックバック1200個め [お気に入りのカレー屋さん500]
みなさんからいただいたコメントの数が、先月に5000個の大台を突破していました。トラックバックも1200個を越えました。たくさんの声をくださり、ありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 17時43分

« 七草と七福神が言えない | トップページ | 銃社会と『猿の惑星』 »