« 始末の極意? | トップページ | 一人称と三人称 »

2008年4月16日 (水)

D調言葉

「仏に対する侮辱」「気持ち悪い」などの罵倒が浴びせかけられてきた奈良の「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラの名前が「せんとくん」に決まった。このキャラをめぐってはこれまでさんざん議論がなされていたし、さして気にも留めていなかったが、きょう「しゃべる時限爆弾」が、以下のようなことをラジオでしゃべっていたので抜き書きしておきたい。

勝谷誠彦、「奈良の鹿坊主のお話」、小西克哉 松本ともこ ストリーム-コラムの花道04/16(水)、TBSラジオ

…決められた筋口があやしい。奈良県民がえらいと思うのは、これまで地方の…、はっきりって、きょうC調言葉を(コーナーのオープニングに)かけたんだけど、ほんとはD調言葉って言いたいんだよ。Dのつくデカイ代理店があるけど、どっかのとは放送局が言わしてくれないけど、今までそのD調言葉でさんっざん地方騙して、なんとか博やって、全部赤字出してきてんですよ。今回わかってるんですよ、だれが動いているかってことは。汐留のD調の本社にはいると、正面にどーんと藪内の作品が飾ってあるんだよ。御用作家なんですよ… (勝谷誠彦 2008 04/16 on TBSラジオ-ストリーム、コラムの花道)

そういえば、わが大学院も寄付講座みたいなものもやってるけど、D調言葉だったのだろうか。先生たちは大丈夫なのだろうか。例のマータイさんは「MOTTAINAI」という言葉を普及させてくれたが、今度は「MITTOMONAI」「EGETSUNAI」などの言葉でD調を指弾してくれないだろうか。

|

« 始末の極意? | トップページ | 一人称と三人称 »

「mumble」カテゴリの記事

コメント

KOREDONAI

投稿: 養分 | 2008年4月17日 (木) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/40899605

この記事へのトラックバック一覧です: D調言葉:

« 始末の極意? | トップページ | 一人称と三人称 »