« 『ヘアスプレー』で描かれた「ニグロ・ディ」 | トップページ | 『冷血』で語られた死刑執行人とは »

2008年5月 7日 (水)

『情婦』は秀逸な法廷サスペンス

Witnessfortheprosecution洋画の原題と邦題のギャップに戸惑うことは珍しいことではない。邦題に騙されて観てみたらガックリさせられたり、邦題のために遠ざけていた作品を観たあとで「なんでもっと早くみておかなかったのか」と臍をかむこともある。今回は後者のほうだった。

ビリー・ワイルダー監督 『情婦』 (原題: Witness for the Prosecution、米、1958)

「情婦」などという単語はATOKでは変換してくれないく。それくらい古めかしくおぞましい表現である。広辞苑では「いろおんな。かくしおんな」、大辞林では「妻以外の愛人である女、内縁関係にある女」などと説明されている。岩波の「日本語表現辞典」には〈情女〉のグループがあり、「側妻・妾、ラシャ洋妾、妾、二号、権妻、お手付き、れこ、色女、思い者、小指、囲い、愛妾、寵妾、寵姫、御部屋様、手懸け、側室 囲い者、籠の鳥、お手付け」などの表現がズラーっと並んでいる。谷崎潤一郎ワールドである。

だがしかし、この映画は三角関係の痴情がもつれた場面がいっさいない、骨太な法廷サスペンスである。なぜなら、原題を直訳すると「検察側証人」なのだから。ウィキペディアでは、「ミステリーの女王アガサ・クリスティが自らの短編小説を戯曲化した同名作品を、巨匠ビリー・ワイルダーが映画化した」と説明されている。

Witnessfortheprosecution02映画の主人公はマレーネ・ディートリッヒ演じるクリスチーネでもなければ、タイロン・パワー演じるレナード・ヴォールでもない。主人公はチャールズ・ロートン演じる老弁護士ウィルフリッド卿で、退院後間もないウィルフリッドは葉巻が吸いたいあまり、ある事件を請け負う。このウィルフリッド弁護士と、彼の健康状態を気遣う女性看護師ミス・プリムソル(エルザ・ランチェスター)との掛け合いが微笑ましい。さすがワイルダー。

シドニー・ルメット監督の『12人の怒れる男』(12 Angry Men)が、ふつうのひとを陪審員にさせパブリックな問題に触れさせることで、市民としての使命を果たさせることの意義を描いているのだとすれば、『情婦』は陪審員ではなく、法廷弁護士(barrister at law)の使命と、法に先行する人々の自然なルールの大きさが描かれているようで、とても好感が持てた。

もしもわたしに邦題を付け直すことが許されるならば、ディートリッヒを主体にした『証言台の女』とか、『処刑』といった路線でいくか、老弁護士を主体にした『だからバリスターはやめられない』みたいなふうにしたい。

|

« 『ヘアスプレー』で描かれた「ニグロ・ディ」 | トップページ | 『冷血』で語られた死刑執行人とは »

「cinema」カテゴリの記事

「law」カテゴリの記事

コメント

 そうですねえ。ビリー・ワイルダーさまのおかげで映画を楽しむこつをつかめたような気がしています。

 『だからバリスターはやめられない』に1票!

投稿: schmidt | 2008年5月 9日 (金) 10時32分

>schmidtさま
 ワイルダー作品はどれも骨太な感じがします。とりわけ本作は、サスペンスの教科書を見ているような気がしました。
 だから映画はやめられない、ですね。

投稿: 畑仲哲雄 | 2008年5月 9日 (金) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/41113325

この記事へのトラックバック一覧です: 『情婦』は秀逸な法廷サスペンス:

« 『ヘアスプレー』で描かれた「ニグロ・ディ」 | トップページ | 『冷血』で語られた死刑執行人とは »