« 『アパートの鍵貸します』にみる都市生活 | トップページ | 「みんなでネット鹿児島」にありがとう »

2008年7月 4日 (金)

新千年紀のラジカルヒーロー

2008autonocals400Y先生の研究室主宰のトークセッションに参加して、すてきなカレンダーを買った。トークセッションのタイトルは「グローバリゼーションと対抗メディアの現在 オートノメディアのジム・フレミング氏との対話」。Autonomedia という出版社も、Jim Fleming という方も存じ上げなかったが、とても面白かった。なんでも、フレミングさんは「G8対抗国際フォーラム」のために来日されており、7/6(日)から札幌で「オルタナティブサミット」で活動し、7/9(水)にはサミットが開催される洞爺湖に乗り込むようだ。ミーハーなわたしは、セッション終了後、フレミングさんが持参したカレンダー "2008 Autonomedia Calendar of Jubilee Saints: Radical Heros for the New Millennium" をドネーション込みの価格で譲っていただいた。世界中どこを探しても、こんなカレンダーはない。

Autonomedia http://www.autonomedia.org/

080705_00590001_2080705_01000001_2フレミング氏はNYの独立系出版社オートノメディア(Autonomedia)を28年間運営している編集長。新宿の模索舎や京都のオデッサ書房みたいな活動をグローバルにしている人のようだ。G8対抗国際フォーラムのウェブサイトによれば「崩れ行くナショナリズムよりもグローバル資本の統合が危険」と考えているようで、日本を代表する帝国大学のY先生とどのような関係なのか存じ上げないが、Y先生の研究領域を考えれば、つながっていても不思議ではない。だいたい帝国大学は市場競争を気にしないでもよい恵まれた場だし、良くも悪くも異空間なのだから。

さてカレンダー。365日すべてにラジカルなヒーローの写真と簡単な説明が書かれている。たとえば7月1日はバクーニン。アナキストでマルクスのライバル。神を暗殺した男と紹介されている。25日はプーラン・デヴィ。インドの盗賊女王。レイプ被害者にして復讐のフェミニスト。8月23日はサッコとバンゼッティ。8月30日はメアリー・シェリー。小説『フランケンシュタイン』の作者とは紹介されず、ただたんに英アナキストの娘、妻、母とのみ書かれている。9月5日はクレイジーホース。米先住民とは書かず、新世界の反帝国主義戦士のヒーローと明記されている。ちなみに、日本からも大杉栄(9月16日)、幸徳秋水(1月24日)、菅野スガ(1月25日)、辻潤(10月4日)、YAMAGA Taiji (12・6)などが Jubilee Saints として祭られている。

ちなみに、Autonomedia が販売するほとんどの本は Anti - Copyright を宣言している。どこかでだれかが Copyleft を謳っていたのと共振する。フレミング氏によれば、Autonomediaから発売した本の中でベストセラーといっても4500部程度だそうが、十数カ国で翻訳されるので、影響力はたんに部数という指標で計ることはできないという。思想や言説の社会空間を形成する力こそ評価されるべきというのは正論だ。

|

« 『アパートの鍵貸します』にみる都市生活 | トップページ | 「みんなでネット鹿児島」にありがとう »

「journalism」カテゴリの記事

「publishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/41728029

この記事へのトラックバック一覧です: 新千年紀のラジカルヒーロー:

« 『アパートの鍵貸します』にみる都市生活 | トップページ | 「みんなでネット鹿児島」にありがとう »