« 野郎も楽しめる3部作 | トップページ | ガッテン!秩序と専制のトゥリアーデ(備忘録) »

2008年9月22日 (月)

レジュメに使う記号

他人様のレジュメを拝見したとき、もっとも違和感を覚えるのが記号である。さりげなく中高の数学や論理学の記号が正確に使われていて、あとで調べて「そうか、こうやって使うのか」と教えられることがたびたびある。しかし、わたし自身が、「」や「」や「」や「ココ→」「…」「!?」などを好き勝手に(かなり気分で)使っているので、わたしのレジュメを見た人たちは内心「やめてくれよ~」と思っているはずだ。せっかくなので、ちょっと整理しておきたい。

1.数学記号
    ゆえに、したがって、 結論
    なぜならば、なんとなれば、理由・根拠
    ほぼ等しい、ニアリーイコール
    つねに等しい、合同
 ≡に/ つねに等しくない
    相似
    積分記号、インテグラル、ゆるいSと思ったら大間違い
    任意の

2.論理記号
    非常に小
    非常に大
    且つ、 andと同じ、論理積
    または、or、論理和
    でない ¬A とは 「A でない」 の意。カギ括弧ではないは、¬「と表記する
    ならば、論理導出
    ならば、論理導出
    同値命題
 :⇔   定義
 :=   定義
    全称限量記号 Allzeichen。∀x は「総ての x について」 、 「任意の x について」
    存在限量記号 Existenzzeichen。∃xは 「次の性質を満たす x が存在する」

3.省略
 Ex.   例 example ( eg. も使われるようだ)
 Pr.   証明 proof
 Th.   定理 theorem
 cf.   比較 Confer たまにコンパクトフラッシュの意
 Av.   平均(値)、average
 v.i.   以下参照、下記参照 vide infra下を見よの意
 ibid.   前掲書、前記の個所に、同じ個所に、同書に、ibidem
 op.cit  前掲書中に。opere citato

■参考サイト
・「数学記号あれこれ」 http://www.kyoei-g.ed.jp/teacher/suukenhp/sugiyama/sugih6.htm
・論理記号の読み方と, 集合の記号の読み方 http://phaos.hp.infoseek.co.jp/preparations/symbol.htm
・記号表現 http://ysserve.int-univ.com/Lecture/SetTheory3/settheory01/node3.html

|

« 野郎も楽しめる3部作 | トップページ | ガッテン!秩序と専制のトゥリアーデ(備忘録) »

「mumble」カテゴリの記事

「school life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/42553960

この記事へのトラックバック一覧です: レジュメに使う記号:

« 野郎も楽しめる3部作 | トップページ | ガッテン!秩序と専制のトゥリアーデ(備忘録) »