« アマゾンの1円本 | トップページ | ペストフの三角形(備忘録) »

2009年3月13日 (金)

職質とYouTube

Koban職務質問のもようを動画共有サイトに投稿する例が目立つ。もし悪質な職質がおこなわれたなら、人に伝えるというのは自然なことだ。警察官に撮影や投稿を規制する正当な理由はない。当局はYouTubeに削除要請するというイタチごっこをするより、むしろ撮られても恥じない職務態度を身につけさせ、信頼回復を優先させるべきだろう。信頼されるためには、まず人を信頼することからはじめるべきだ。職質時の態度が気に入らないという理由で、暴言をぶつけ、にらみつけ、ヤクザ顔負けの圧迫をする。それは弱い人間のすることだ。

職務質問をネットで動画投稿 県警、規制策なく困惑 【神戸新聞】 (2009/3/10 14:29)

じぶんよりも権力と資源が少ない相手と向き合ったとき、自制できる人は、それほど多くないのかもしれない。相手が無抵抗であったり、抵抗できないような立場にあったりするとき、ひとは残酷になる。それはわたしたちの本性かもしれない。

警察だけを責めるつもりはない。似た構造はいくらでもある。医者と患者の関係、経営者と労働者の関係、上司と部下の関係、教員と生徒の関係、腕力の強い人と弱い人の関係、金持ちと貧乏人の関係、親会社と子会社の関係、扶養者と被扶養者の関係、社員と派遣の関係、取材者と被取材者の関係……みな資源と権力が非対称だ。そんな関係下で、すぐに一線を越え、相手を抑圧してしまう人は、弱く醜い。

ゆえに宗教は戒律を定めてきた。欧米のリベラリストは正義justiceや公正fairnessの概念を掲げ、公民的共和主義者civic republicanや共同体主義者communitarianは徳性Virtueを身につけよと主張する。日本の素朴な道徳感情を探せば「礼節」「恥」などの少々古めかしい言葉が思い浮かぶ。

街を歩くと「誰かが見ているぞ」というポスターと出合う。日本社会は監視カメラだらけの社会になった。そして、だれもが動画の撮れるケータイをもつ。電話の音声も容易に記録できる。だれだって監視されたくないし、記録されたくもない。まして「ネットで晒される」なんていやだ。ならば、恥じない行動に徹して生きるしかない。息苦しい。でも、それがアトム化した時代を生きるわたしたちにとって、もっとも身近な救命具といえる。

|

« アマゾンの1円本 | トップページ | ペストフの三角形(備忘録) »

「democracy」カテゴリの記事

「dysphoria」カテゴリの記事

「ict」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/44309457

この記事へのトラックバック一覧です: 職質とYouTube:

« アマゾンの1円本 | トップページ | ペストフの三角形(備忘録) »