« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

バッシング現象の不思議

HatoyamaSMAPの草なぎ剛氏が公然わいせつ容疑で逮捕されたが、いわゆる「バッシング」が起こったように見えない。むしろ、彼を「最低の人間」と悪罵した鳩山総務大臣への反発に大臣が謝罪したくらいだ。民主党代表秘書が逮捕されたときも、苛烈なバッシングは起こったように映らない。バッシングせよと言っているのではない。むしろ逆で、わたしはヒステリー状態を心の底から嫌悪している。

総務相「最低の人間」発言を撤回 草なぎ容疑者逮捕で (47news 2009/04/24 11:27)

続きを読む "バッシング現象の不思議"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年4月23日 (木)

JMと国際化

Jm1929年に東京大学文学部に新聞研究室が生まれて80年。新聞研究所という付属研究所に改組されて60年。そんな記念すべき年に、メディアとジャーナリズムにかかわる研究者の緩やかで持続的な集まりが情報学環に生まれた。その名は「JM」。Journalism and Media 頭文字である。ウェブサイトには「Unit」として、北田暁大、丹羽美之、林香里、水越伸の4人の准教授の名前が並ぶ。「マニフェスト」なるものがあり、その「ねらい」の言葉は「激変する情報環境において現代のジャーナリズムが直面する課題や困難を明らかにし、その解決の道を探ります」で締めくくられている。不肖の弟子ですが、師匠についていきます。

JM : Journalism and Media  http://www.journalism-media.org

続きを読む "JMと国際化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

蟹工船で有名な党

Kanikoきのう、自宅近くの大通りで、拡声器から流れてきたフレーズに一瞬、耳を疑った。一言一句を覚えているわけではないが、だいたい、こんな感じだった。「みなさーん、『蟹工船』は、もうお読みでしょうかー。いま、大勢の若者たちに読まれている本です。日本共産党は、蟹工船の党です。カニコーの共産党です! 本日○時より、○○○において、志位委員長の演説会が開かれまーす」。・・・カニコーの共産党ですって!?

小林多喜二『蟹工船・党生活者』 (新潮文庫)
小林多喜二『蟹工船』 初出:「戦旗」1929(昭和4)年5月、6月号、図書カード(青空文庫)

続きを読む "蟹工船で有名な党"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

『チーム★アメリカ』『最後の晩餐』で描かれるリベラル像

The_last_supper_dvdTeam_america_world_policeavi笑いながらアメリカのリベラルを知るコメディ映画を2本見つけた。『チーム★アメリカ/ワールドポリス』は、サンダーバードばりの人形による影の特殊部隊が、下品な言葉をまき散らしながら中東や北朝鮮で大暴れして祖国と世界を救う物語。その過程でハリウッド俳優や監督たちも皆殺しにする。Alec Baldwin、Danny Glover、Ethan Hawke、George Clooney、Helen Hunt、Janeane Garofalo、Liv Tyler、Michael Moore、Matt Damon、Martin Sheen、Samuel L. Jackson、Sean Penn、Susan Sarandon、Tim Robbins。ほかにアンカーマンののPeter Jenningsも登場するが、監督に言わせれば、彼/彼女らはリベラルの広告塔だということだ。

トレイ・パーカー監督 『チーム★アメリカ/ワールドポリス』 (原題:Team America: World Police、2004、米)
ステーシー・タイトル監督 『最後の晩餐/平和主義者の連続殺人』 (原題:The Last Supper、1995、米)

続きを読む "『チーム★アメリカ』『最後の晩餐』で描かれるリベラル像"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

さん付けのすすめ

新聞記者になって痛感したのは徒弟制度の苛烈さだった。「おい新米、タバコ買ってこい」など仕事と無関係の雑用もたびたび命じられ、ミスするたびに「あほ」「ぼけ」「目ぇ噛んで死ね」などと悪罵を浴びせられたものである。崩壊の一歩手前まで尊厳を踏みにじられた状態で、少しずつ仕事を覚えていくのが通例であった。もう20年も前の、しかも特定の新聞社の、特定の先輩や上司の振るまいなので、むろん一般化することはできないし、さすがに現在では、このような荒んだ人材育成は行われていないだろう。そんなことを思ったのは、わたしがかつて新聞社にいたころの「先輩」と遭遇し、いきなり「さん」付けで呼ばれたことだ。かつてなら横柄に「おい顔貸せ」などとヌカしていたであろうその人のバツの悪そうな表情は、まことに気の毒であった。

続きを読む "さん付けのすすめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

いたたた!帯状疱疹後神経痛

「あいたたたた」とつぶやきながら目が覚める朝が続くと、気持ちが萎える。精神が肉体と密接に結び付いていることを思い知る。火曜日に病院で、ロキソニンからボルタレン+トリプタノールに薬を変えてもらった。医師からは「トリプタノールは抗うつ剤で、のどが渇くかもしれませんが、微量ですから」と言われた。人生を振り返ると、わたしが飲む薬にはすべてプラシーボという成分が入っており、トリプタノールの効き目が強く出ているようだ。たしかにのどが渇き、だるくて眠くて仕方がない。仕事も研究もできない。トリプタノールを飲んでいないときと同じくらい、仕事と研究がはかどらないのである。

6人に1人を襲う激痛! 帯状疱疹(ほうしん)の正体!(NHKためしてガッテン 2008年09月24日放送)
帯状疱疹の症状と治療法ガイド

続きを読む "いたたた!帯状疱疹後神経痛"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

HAL、ダイエットの必要

HALも3歳と1ヶ月。あらためて昔の写真と見比べてみると、ずいぶん変化していることに気がつく。まず顔。生後1ヶ月のころ(1-1)はあどけない幼な顔。5ヶ月(1-2)になるとみるみる女の子らしくなっていた。で、近影の顔は(1-3)なんだか貫禄たっぷりになった。鼻から口元のたるみ具合と首の細さ違う。次にボディライン。生後3ヶ月のころ(2-1)は抱いたら折れそうな可憐な印象だったが、1歳4ヶ月(2-2)になると曲線美が際だつようになった。で、近影(2-3)では、くびれが見あたらなくなり、ミニチュアピンシャーなのか何なのか分かりにくくなってきた。先日、獣医さんで狂犬病の予防接種をしてもらったときに体重を測ってもらったら、5.2kg! 3.8~4.2kgあたりで落ち着いていたのに。理由は運動不足。ダイエットが必要です(オーナーも!)。

続きを読む "HAL、ダイエットの必要"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

瓶入り牛乳の宅配

Tomo_2今月から瓶入り牛乳を配達してもらうことにした。きのう、複数の紙パックの牛乳と飲み比べて分かったのは、瓶入りは紙くささがなくおいしいということだ。瓶入りの飲料は微妙な味わいや香りが保持される。ワインや高級吟醸酒の紙パック入りがないのは大いに頷ける。その後、缶コーヒーを飲んだが、鼻が敏感になっているのか、かすかな金属臭が妙に気になった。今後めったなことではコンビニやスーパーで牛乳を買わないと思う。瓶入り最高!

東毛酪農業協同組合(群馬県太田市)の「牛乳屋の低温殺菌牛乳」720ml

続きを読む "瓶入り牛乳の宅配"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

統制と自由/不平等と平等(備忘録)

大澤真幸さんが4月1日付『東京新聞』夕刊の論壇時評で、柄谷行人さんの論究する交換様式を紹介していた。大澤さんは「柄谷行人は、社会の支配的な『交換様式』に着目することで、切実で根本的な問いに答えを与えようと努力してきた」と述べ、柄谷さんの考えを図に示した。この図を見て、ハっとした。似たものをどこかで見たことがある! そう、ボッビオによる右翼/左翼の図とほぼ同じなのだ。ただ、悲しいかな、わたしはボッビオをきちんと読んだことがないし、それどころか彼がヨーロッパ政治の見取り図として示したスペクトラムの図も見ていない。うーん、くやしい。

大澤真幸「第四の交換様式/『抑圧された相乗性』の回帰」東京新聞、論壇時評、2009年4月1日夕刊7面
見田宗介 (1971) 『人間解放の理論のために』 筑摩書房

続きを読む "統制と自由/不平等と平等(備忘録)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »