« 演説を歌ったジャーナリスト | トップページ | HALの近影 »

2009年12月13日 (日)

老眼デビュー ( Eye 2.0 )

Rogan_3わたしの歳なら遅いぐらいかもしれないが、ついに老眼鏡をつけることにした。近年の頭痛や首肩の激しいコリの原因のひとつに眼精疲労があることは感じていた(耳の上あたりがやたら凝るのです)。近くの眼鏡屋さんで検眼したら、やはり老眼は進行していて、遠くを見るときは右目、近くは左目だけで見るようなアンバランスな目の使い方が続いていたらしい。同居人からも「早く(老眼鏡を)作りなさい」と勧められていたので、あきらめて作ることにした。

近眼の持ち主にとって選択は三つある。(1) 遠近両用のレンズを買って1つのメガネですませる (2) 近視用をコンタクトレンズにして、近くを見るときだけ老眼鏡をかける (3) 遠くを見る眼鏡と近くを見る眼鏡の2つつくり、状況に応じて使い分ける。このうち(1)の遠近両用は面倒くさくなくていいなあと思っていた。だが遠近両用レンズは、遠くを見たり、近く見たり、頻繁に見る対象を変える人に向いているようだが、それなりに負担があるようだ。具体的には、写真家とか、野球選手、逃亡者、スパイ、忍者などの職業の人は遠近両用がおすすめなんだと。

(2)のコンタクトレンズは眼球の裏側に回ったりすると痛そうなので、結局、(3)の2つの眼鏡を状況に応じて掛け替えることにした。老眼鏡のときは笑福亭笑瓶に似ているそうだ。

それにしても、じぶんの身体に「老」の文字がついたとことに、思いは複雑である。精神年齢はフグ田マスオさん(原作では32歳)に近いと思っていたが、実年齢ではもはや磯野波平(54歳)のほうがはるかに近い。

|

« 演説を歌ったジャーナリスト | トップページ | HALの近影 »

「mumble」カテゴリの記事

「school life」カテゴリの記事

コメント

私も今、遠近両用コンタクトを試してます。でもうまく合ってないのかやはり不便。
コンタクトだと手元が見にくくても急に外せませんもの。
通常の眼鏡で見にくければはずすか、拡大レンズ(眼鏡の上から老眼鏡かけたら傷だらけになりました^^;)で補助する方がずっと便利でした。
やはり眼鏡の使い分けがよいのかしらね。

昔は想像もつきませんでしたが、50手前はほんと老への入り口ですねぇ。

投稿: monoかのう | 2009年12月13日 (日) 20時33分

>monoかのうさん
 たしかに老への入り口ですね(笑)
 きのうから2つの眼鏡をとっかえひっかえしてますが、ぜんぜん慣れないです。

 

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年12月13日 (日) 21時12分

ご入域、おめでとうございます。

従来、コンタクト愛好者でしたが(ビューファインダーでは断然、コンタクトが便利でしたので)、老眼が来てコンタクトでは対応不能となり、数年前から(近視用)メガネに戻し、どうも良く見えん時には、「メガネをずり上げ」てます。
それも、そろそろ限界かなぁ。

投稿: ママサン | 2009年12月14日 (月) 09時52分

>ママサン様

「ご入域」ですか!(笑)
コンタクトは視界が広くて気持ちよいのでしょうね。
でも、目にはめるのは痛そうで、わたしには根性ないです。

パリ在住の知人からは「老眼ならぬ熟眼」と相哀れむメールももらいましたが、
Web2.0にちなんで「Eye2.0」と呼び、バージョンアップしたことにします。

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年12月14日 (月) 10時57分

原作の年齢ですね。
先日、ノリスケに似ていると紹介されていたことが判明orz

投稿: @ | 2009年12月14日 (月) 12時57分

仕事めがね、読書めがね、でいきましょうよ^^;。

PCと向き合う時間が多いなら、中距離用メガネをお作りになった方がよいかも。

投稿: Sakino | 2009年12月14日 (月) 23時44分

昔からメガネとは縁がなく、熟眼メガネを楽しみにして
今やその真っ只中ですが、だんだんメガネを取り出すことが
億劫になってきました。普通は裸眼で支障がないのですが、
PCや書籍はメガネなしでは無理だし、取説や契約書には必須です。
最近はメガネを取り出すことが億劫なのか、字を読むことが
億劫なのか、だんだん分からなくなってきちゃいました。
なんか抜本的な解決策がほしいですぅ。

投稿: pinoko | 2009年12月15日 (火) 07時50分

>Sakino様
 中距離用をつくったら、そればっかりになりそうです。
 掛け替えるのが面倒ですから(^^)

>Ponoko様
 眼鏡をかけるのが億劫→文字を読むのが億劫
 なんとなく分かります。
 シュリンクの『朗読者』のように、愛する人に読んでもらうのが一番幸せかも。

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年12月15日 (火) 16時20分

レスが多いところをみると、みなさん悩んでいらっしゃるのですね。まだ三ヶ月ぐらいしか経っていないわたしもふたつ派にしましたが、いちいちかけかえるのも面倒なので、ふたつ目は「そればっかりやるとき」にかけることにしました。
いつも「そればっかりやる」べきなのですが、そうでもありません。

しかし、先頃めがねをかけた写真うつりのあまりの悪さにぎょっとしたので、コンタクト用の思い切り安いめがねを作ろうかと思ったりしています。

投稿: brary | 2009年12月15日 (火) 22時09分

>brary様
 2つのメガネを掛け替えるのは、本当に面倒ですね。
 こんどキャンパスでお目にかかったら、ローガン見せあいましょう。

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年12月16日 (水) 11時36分

>ノリスケ様
あなたの目も早く進化しますように。

投稿: 畑仲哲雄 | 2009年12月16日 (水) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/47012248

この記事へのトラックバック一覧です: 老眼デビュー ( Eye 2.0 ):

« 演説を歌ったジャーナリスト | トップページ | HALの近影 »