« 映画『鉄塔 武蔵野線』と巡礼 | トップページ | いまさらながらtwitter考 »

2010年9月19日 (日)

機械と人とトラブルと

この間、気分が落ち込むようなことが相次いだ。ひとつは機械類の不調・故障で、もうひとつは人体の不調である。まずは機械のほう。メイン機として使っていた ASUS の S101 がいきなり起動しなくなった。このPCにはハードディスクがなく、16GBの フラッシュSSD にOS類がインストールされていた。HDDと違ってファンもなく静かなので買ったものだ。しかし、このマシンを酷使していると、プログラムの動きが数秒~十数秒動きが止まる「プチフリ」という現象が頻発した。これにはイライラさせられた。

いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)

プチフリ対策小さなソフトを導入し、まめにデフラグしていたのだけれど、出張から帰宅して自宅の電源をつないだとき、プラグから小さな火花がパチっと出た。嫌な予感。それでも、しばらく使っていたのだけど、シャットダウンしたらそのまま起動しなくなった。ほとんどのファイルはバックアップ済みだったけれど、書きかけのファイルがいくつかあり、デスクトップに残されていた。カスタマーダイヤルに相談したところ、リカバリーすると工場出荷状態になる。ファイル復旧の専門業者で必要なファイルを救出してから、リカバリしてはどうかと助言された。

ファイル復旧専門業者にいくつかあたってみたが、救出費用の見積もり額は「7万円から27万円の間」。このPC本体は4万円だった。書きかけファイル復旧のため27万円プラスαを請求されちゃたまらないので、新しいノートPCを買いに走った。迷ったが、多くのユーザーに試され、叩かれてきたレッツノート(CF-S9)を買うことにした。かつて AL-N1 というレッツ初代機を長らく使っていたが(まだ捨てずにある)、幸之助イズムは死んでいない。

機械のトラブルといえば、パソコンの前に電子レンジが壊れた。調子に乗って乾燥ショウガを作り続けていたところ、いきなりブーっという大きな音がして動かなくなった。たぶんマグネトロンが昇天したのだ。こんなことは初めて。電子レンジはパソコンのようには壊れないと思っていたのでちょっとショック。いくら頑健な白物といっても、休ませないで酷使するとガタがくるということですね。

人体のほうは、睡眠時無呼吸症候群と診断された。ショックであった。一泊入院して調べたところ、1時間に20回以上呼吸が止まっていて、血中酸素濃度も10%くらい低かった。お医者さんには「私自身もこれでずいぶん楽になりましたよ」とCPAP療法を勧められた。CPAP(シーパップ)は、睡眠中にのどの奥が閉塞するのを防ぐために空気を送り込む装置。これを装着していると、ふつうの人と同じ睡眠ができるけど、SF映画の冬眠装置のように見えなくもない。もう、これなしで眠れなくなったのかと思うと気が重いけれど、これさえあれば動脈硬化などの生活習慣病のリスクが下がるというふうにプラス思考にするしいかない。

睡眠時無呼吸症候群の人は、睡眠が足りないため恒常的な眠気に襲われるという。CPAP療法で昼間の眠気を追い払えそうな気もするが、禁煙して日が浅く眠くて仕方がない。眠いだけでならまだいい。禁煙に由来する頭痛や抑鬱感情もあり、生活の質が良くなってという実感がない。チャンピックスやニコチンガムのようなモノは使わず、いきなり止めているが、いつまで続くことやら。欲求不満を埋めるためよく食べるようになり、けさ同居人から「妊娠8ヶ月」と言われたが、みょうに納得した。

運転士が居眠り、60m駅通過 大阪、「無呼吸」治療中で2009/06/12 09:53 【共同通信】
意識喪失のバス運転手書類送検へ 山形、道交法違反の疑い2009/06/13 11:52 【共同通信】
居眠り運転経験5人に1人 警察庁が影響調査2007/03/15 01:26 【共同通信】
無呼吸症で「過失なし」 船衝突、海難審判で初認定2006/12/20 10:12 【共同通信】
男性13%は無呼吸症候群 京大助教授調査の推定値2006/02/06 08:03 【共同通信】

|

« 映画『鉄塔 武蔵野線』と巡礼 | トップページ | いまさらながらtwitter考 »

「mumble」カテゴリの記事

コメント

PCが壊れることほど憂鬱なことはないですね。
でも、スーパーショウガは天日で作りましょう。
その方がエコです(笑)。

タバコなしの生活を楽に送るには
「スピリチュアル・ライフのすすめ」 (樫尾直樹著 文春新書)が
がいいかもしれません。
論駄さんに証明していただけると、より確信できます(爆)。
ちなみにほとんどのエクササイズは、私がバレエのレッスンを
受けるときにおこなっているものと同じでした。

投稿: pinoko | 2010年9月20日 (月) 06時34分

pinokoさん、
「スピリチュアル・ライフのすすめ」の「すすめ」をありがとうございます。
スピリチュアルと聞くと、反射的に身構えてしまいますが、アマゾンの書評を読んでいるととても面白そうな内容ですね。
ところで、pinokoさんのバレエも拝見してみたいです。

投稿: 畑仲哲雄 | 2010年9月20日 (月) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/49497664

この記事へのトラックバック一覧です: 機械と人とトラブルと:

« 映画『鉄塔 武蔵野線』と巡礼 | トップページ | いまさらながらtwitter考 »