« auスマホIS03の使用感 (2) | トップページ | 2010年から2011年へ »

2010年12月18日 (土)

auスマホIS03の使用感 (3)

IS03 を使いはじめて2週間あまり。前エントリーで記したとおりバッテリー問題はほぼ解決し、2-3日に1度充電すればよくなった。現時点の総合満足度は5段階評価で4である。電話としての機能がよいというのではなく、GメールやGoogleカレンダーの使い勝手がよいのである。しかしこれではGoogleが世界のすべてになってしまったようで、すこし心地が悪い。その昔、EPIC2014で話題になったが、AmazonとGoogleが合併でもしようものなら……

IS03を買うにあたり、わたしが交わした契約は「ISフラット」という定額で、月々8000円台?で使い放題になるはず。これが高いのか安いのかの相場がわからない。わたしは知識や情報にあまりケチくさいことを言わない派だけど、多くの人がケータイにこれくらいお金を使っているのかと思うと、紙の媒体が売れないのは無理もない気がする。無料で情報を得るには、じぶんの情報を提供するしかない。AmazonやGoogleならずとも、多くのオンラインビジネスは膨大な利用者の属性情報によって利益を得られる仕組みになっているようだが、問題は利用者が個人情報を企業側に与えているという自覚を持ちにくいことだ。

IS03は朝日新聞ニュースが無料で読めるアプリがプリインストールされていた。わたしがどのくらいこのサイトを見ているかは、すべて追跡可能だ。PCの場合は複数の新聞社サイトを次々と見ていくことに抵抗はないが、携帯の反応速度を思うと「とりあえず朝日だけでいいか」という気にもなる。いつもiモードでヤフトピを見ている人や、毎朝iPadで産経新聞を読んでいる人も、世の中には膨大なニュースあることを知りながら、「さしあたり」デフォルトで読めるものだけで満足してしまい、そうした情報が「市場で支持されている」という数字となって営業サイド、スポンサーサイドにフィードバックされていく。数値は平等な条件における自由競争の結果ではなく、営業力の差でしかないのに、「勝ち/負け」「成功/失敗」という言説が一人歩きしてしまう。

あ、IS03とは関係のない呟きを書いてしまった(反省)。

わたしはHP200LXの時代からPDAが大好きで、これまでいくつもの小さな機械を使ってきたため、「スマートフォン」などと宣伝されても、じつは通信機能のあるPDAと受け止めてしまっているふしがある。古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ、月々の通信費が3000円を超えると、「うわ高い」と思うものでございます。

|

« auスマホIS03の使用感 (2) | トップページ | 2010年から2011年へ »

「digital products」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。わたしはiPhoneユーザーですが、まさに「PDA」としての機能がそれこそ無限大に近いのだと、受け止めています。知的でリッチな雰囲気のマックをいつもうらやましく思いながら遠くからながめていました。マックは価格が高いし、汎用ユースという点ではWindowsで十分でした。そんなわたしがiPhoneを手にしてすぐに買ったのは「PDA」としての可能性が直感的に分かったからです。「PDA」への少なからぬ投資と経験がアンテナになったのは言うまでもありません。そんじょそこらのiPhoneユーザーとは違うのだあ、と声を大にしても始まりませんが。

投稿: schmidt | 2010年12月18日 (土) 21時43分

>schmidtさん、
 「少なからぬ投資と経験」という部分に苦笑しました。同病相憐れむ、ですね。
 その昔、PDAを指さしては「これで電話やネットができたらなあ」などと夢想していましたが、現実にそういうものが作られてしまうと、なんだか無駄に贅沢をしているように思えてきましたよ。

投稿: 畑仲哲雄 | 2010年12月18日 (土) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/50329521

この記事へのトラックバック一覧です: auスマホIS03の使用感 (3):

« auスマホIS03の使用感 (2) | トップページ | 2010年から2011年へ »