« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

根津神社と権現信仰

Nezu一次審査のレジュメづくりも一段落した(ことにする)ので、きのうの昼下がりに同居人のお供をして散歩に出かけた。行き先は根津。これまでにも何度か歩いた街だけど、根津神社に足を踏み入れたのは今回が初めてだった。境内に入ると、ひしゃくで手と口を清める手水舎(ちょうづや)があるのだが、そこには寺院を示す「卍(まんじ)」の印が彫られていた。この神社はかつて「根津権現」として知られていたのだ。

内山節(2010)『共同体の基礎理論:自然と人間の基層から (シリーズ 地域の再生)』農山漁村文化協会

続きを読む "根津神社と権現信仰"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

資料整理と温故知新

School_of_umanities_and_sociologyわが家で資料整理を始めて数日がすぎた。咳が止まらないので、自室に引きこもった状態でもできる作業に取りかかった。大学院生になって約7年間、山のようになっていた紙の資料を大掃除して整理していたら、思わぬ発見がふたつあった。ひとつはじぶん自身のこと。もうひとつは院生仲間のことである。

東京大学大学院人文社会系研究科 入試案内 | 修士課程 (社会文化研究専攻 社会情報学専門分野) 社会人特別選抜 on waybackmachine
旧・社会情報研究所 新聞学やマス・メディア研究をリードした先駆的研究機関の75年のあゆみ

続きを読む "資料整理と温故知新"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て

世界で5億人が登録しているという巨大SNSである facebook草創期を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た。事実をもとにして構成したフィクションだが、代表的な人物や組織の固有名詞は実名で、どこまでが事実でどこからが創作なのかはわからない。ただ、人と人の絆を紡ぐプログラムの開発者が、金銭的成功の陰で自らの人間関係をズタズタにしていったという“裏面史”を、古典的な一方通行メディアの映画が“暴く”というのは、なんとも皮肉だ。

ソーシャル・ネットワーク - オフィシャルサイト http://www.socialnetwork-movie.jp/

続きを読む "映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年1月 5日 (水)

auスマホIS03の使用感 (4)

IS03を使い始めて1カ月が過ぎた。わたしにとってIS03は辞書として機能してくれれば十分なのだが、ここ一番というときに動画や音声を記録し、ささっと編集してYouTubeにアップロードしたり、Ustream配信できるようになっておくべきだなあと考えるようになった。それは、メディアリテラシーの向上につながるわけだし、じぶんや知人やコミュニティを守ることにもつながると思うからだ。

aDice http://sites.google.com/site/aquamarinepandora/home/adice_ja
DroidWing http://galapagossquare.com/?p=2938
Web日誌@河北新報Kolnet 地域を語る場づくり/米・ベイエリア ハイパーローカルの現場(03)

続きを読む "auスマホIS03の使用感 (4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »