« 被災地にいる友たちのブログ | トップページ | 被災地の臨時放送局 »

2011年3月18日 (金)

震災であらためて考えたこと(備忘録)

3・11東北関東大震災であらためて考え、感じたことがいくつかあるので、じぶんのための備忘録として思いつくまま列挙しておきたい。

1)オール電化のようなエネルギーの一元化はよくない。お年寄りの家庭ではIH調理器具や電気の暖房は安全。でも今回のように原子力発電所の問題を目の当たりにすると、ガスも必要。できれば太陽光なども併用したい。自動車もハイブリッドのほうがいいのかもしれない。

2)サーバーを一カ所においておくのはよくない。今回の地震で報道機関のサーバーが続々と落ちた。被災地ではライフラインが遮断しているのだから無理もない。しかし、何らかの方法でインターネットに接続できれば「クラウド」系サービスが使える。事実、被災地の地方新聞社は相次いで twitter でニュースや被災情報を発信している。むろんクラウド一辺倒になるのも問題なので、複数のチャンネルを使いこなせるようになることが肝要。

3)海外メディアと東京メディアと被災地メディアとではその役割が違う。被災地は取材者も被災者であり、運命を共にする地域の人にとって良き隣人(good neighbor)としての責務を負う。しかし、東京メディアは政府批判や東電批判など環境を監視する番犬(watchdog)としての機能を果たす必要もある。この二者を分けているのは「地域」。海外メディアの役割は、冷静な情報伝達や共感や援助などといった国を超えた良き隣人(good neighbor)と自国政府への番犬(watchdog)の両者が求められると思うが、遠くにいる人の痛みはなかなか身近に感じにくいのかもしれない。

4)カオスのような状態に秩序を与える「社会の編集者」的な人や組織が重要だと思う。ボランティアとして救護救援活動をしたいと思う人は膨大にいるはず。情報の正確さを精査できる専門知識の持ち主もたくさんいる。不特定多数の人に情報を伝達ができるメディア関係者もいる。いま、どこに、何が、どれだけ必要なのか。全体を把握して人や組織を的確に差配する・・・NPOでいえば、インターミディアリーのような団体。新しい組織を立ち上げて手柄をあげたいと思う人もいるかもしれないが、すでにノウハウや実績のある組織に協力するほうが効果的。だが、すべてを一元化もよくないような気もする。困った。

5)1・17のときも9・11のときも感じたが、悲しい情報を浴び続けていると、だれだって精神的に参る。カラ元気やクソ頑張りも続かない。愚痴をこぼし合ったり、自分たちの無力を分かち合う人は大切。話し相手がいない人は、いまの思いを書いてみてはどうか。言葉にすることで心の負担は軽減すると思うのだが。

|

« 被災地にいる友たちのブログ | トップページ | 被災地の臨時放送局 »

「mumble」カテゴリの記事

コメント

まさにおっしゃる通り。
もう少し落ち着いたら、そのレシピづくりをしなくてはですね。

投稿: nekotekikaku | 2011年3月19日 (土) 17時34分

各地の青年会議所のウェブサイトに掲載されていた救援物資のリストをまとめてみた。過去の救援活動の実績から、「まずはこういう物資が必要です」とアナウンス。参考になる。

【食品】缶詰、無洗米、ペットボトル水(2L)、袋入ラーメン、レトルト食品、缶切り不要の缶詰、乾パン、赤ちゃん粉ミルク、カロリーメイト、菓子

【医薬品】絆創膏、消毒薬、除菌ジェル、ガーゼ・マスク、包帯、風邪薬、胃腸薬、解熱剤、目薬、うがい薬、便秘薬、整腸剤

【日用品】哺乳瓶、大人用と子供用の紙おむつ、生理用品、石鹸、水不要シャンプー、ティッシュー、紙皿、ゴム手袋、ラップ、カセットコンロ、タオル、バスタオル、電子体温計、使い捨てカイロ、歯ブラシ、歯磨き粉、ラジオ、懐中電灯、電池、ゴミ袋、軍手、長靴、ヘルメット、マスク

投稿: 畑仲哲雄 | 2011年3月20日 (日) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/51153176

この記事へのトラックバック一覧です: 震災であらためて考えたこと(備忘録):

« 被災地にいる友たちのブログ | トップページ | 被災地の臨時放送局 »