« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年6月21日 (木)

【告知】日韓国際シンポ 放送の公正性とは何か ― 韓国放送局ストライキから考える日韓メディア産業の未来 ― (7月16日)

わたしが所属している研究室で、以下のシンポジウムを開催します。いま韓国の放送局で長期のストライキ闘争がおこなわれていることは、日本のジャーナリストたちにほとんど知られていないと思います。日韓のメディア産業の差違やジャーナリズムのあり方を考えるうえで、示唆に富むシンポジウムになると思います。ふるってご参加ください。

===============
日韓国際シンポジウム
放送の公正性とは何か
― 韓国放送局ストライキから考える日韓メディア産業の未来 ―

===============

日時: 2012年7月16日(月・祝)13:30~17:00(13:00開場)
会場: 東京大学大学院情報学環 福武ホール・福武ラーニングシアター
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

共催: 北海道大学東アジアメディア研究センター
東京大学大学院情報学環林香里研究室

同時通訳あり・事前申込不要
お問い合わせ 「メディア研究のつどい」事務局  iii.media.studies[アット]gmail.com

続きを読む "【告知】日韓国際シンポ 放送の公正性とは何か ― 韓国放送局ストライキから考える日韓メディア産業の未来 ― (7月16日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

米国ジャーナリズム信仰への疑問

日本の「主流」メディアのジャーナリストたちや経営者は、米主流メディアの影響下にある。GHQ/SCAPによる占領時代、日本の「主流」新聞経営者たちは、CIE局長ケン・ダイクやダニエル・インボデンから、ジャーナリズムの何たるか、新聞経営の何たるかを「再教育」され、米新聞界を「お手本」にするようになった。今日も、多くの新聞関係者はアメリカ・ジャーナリズムへの信仰心が篤い。

続きを読む "米国ジャーナリズム信仰への疑問"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »