« 新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ | トップページ | その「オフレコ」は守るべきか、破るべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第3回 »

2016年5月10日 (火)

人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第2回

勁草書房編集部サイトで「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」の新しい記事がアップロードされました。ぜひお読みいただき、反論やご批判をいただければと思います。

ところで、「連載はじめました」と豪語して、ざっと1ヶ月が経過していました。「1本だけやったら連載ちゃうで、単載やんか」と皮肉られそうな状態でしたが、2本目が公開されて、名実ともに「連載」になりました。ホっ。

こちらが新しい記事
〈CASE 02〉人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか
http://keisobiblio.com/2016/05/10/hatanaka02/

こちらが先月の記事
〈CASE 01〉 最高の写真? 最低の撮影者?
http://keisobiblio.com/2016/04/12/hatanaka01/

〈CASE 03〉では、「オフレコ破り(?)」の問題について考えます。たぶん。

|

« 新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ | トップページ | その「オフレコ」は守るべきか、破るべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第3回 »

「journalism」カテゴリの記事

moral / ethics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/63610119

この記事へのトラックバック一覧です: 人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第2回:

« 新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ | トップページ | その「オフレコ」は守るべきか、破るべきか 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第3回 »