« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月12日 (火)

戦場ジャーナリスト、君死にたまふことなかれ 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第5回

大手マスメディアが撤退した紛争地域を取材するジャーナリストたちがいます。彼ら彼女らの存在を、わたしたちはどのように受け止めればいいのでしょう。自衛隊がサマワに派遣されて以降、日本人は第三者ではなく当事者になったといえます。IS(イスラム国)は日本のジャーナリストを標的としていて、ジャーナリストの仕事は困難を極めています。

〈CASE 05〉 戦場ジャーナリスト、君死にたまふことなかれ http://keisobiblio.com/2016/07/12/hatanaka05/

わたし自身、新聞記者になりたてのころ、旅行先の東南アジアでたまたまクーデター未遂事件に遭遇したことがあります。戦車も戦闘機も出動しました。銃撃戦がおこなわわれた現場を、20代前半のわたしはカメラ片手に半泣きで取材しました。戦場では弾がどこから飛んでくるかわかりません。銃声が鳴り止むまで伏せる。鳴り止むと、撃たれてないことを確認し、より安全な逃げ場に移動するか、その場で踏みとどまり写真を撮るかを判断します。このとき、弾に当たって死亡したカメラマンもいましたが、わたしはかすりきず程度ですみました。運が良かっただけです。

続きを読む "戦場ジャーナリスト、君死にたまふことなかれ 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第5回"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »