« 映画『否定と肯定』にみる大衆のメディア | トップページ | 入学式の翌日/歴史を背負って »

2018年3月17日 (土)

卒業式の翌日/祭りのあと

毎年のことですが、卒業式の翌日というは、なんだか寂しい感じがします。式当日はハレの日だし、着飾った教え子たちに「君ら卒業できて、ほんま良かったのー」とか「社会人になったら、もう遅刻はあかんで」などと軽口をたたいて、こちらもチョッピリ浮いた気持ちになりますが、その翌日は、心に穴が開いたような感じがします。まだ教員という仕事に慣れていないからなのでしょうか。

祭りのあと 唄:渥美清https://www.youtube.com/watch?v=S3ltnB_1Rek

他方、ちっとも卒業してくれない学生もいて、それはそれでヤキモキさせられます。人生80年時代なので、30歳くらいまでなら、遊びほうけていても全然かまわないと思います。むしろ、おもいきり道に迷うくらいのほうが良いかもしれません。でも、そういう感覚は、自分と無縁の学生に対するもので、実習やゼミ生で少しは濃密な時間をともにした学生の場合は、気をもまずにいられません。

じぶん自身を振り返れば、おそらく優しくしてくれた大人たちをハラハラさせ、ときに迷惑をかけ、気をもませ、いらだたせたのだろうと思います。大学を出たばかりの若者は、社会的な経験値がゼロのくせに、じぶんを過信していたりして、どことなく危うい年ごろだと思います。実社会に放り出されたとき、よき人々に迎え入れてもらえればいいのですが、世の中けっして善人ばかりではありません。

謝恩会でベテランの先生が卒業生に向かって、「頑張りすぎてはだめ」「つらいときは『助けて!』と叫びなさい」というメッセージを送っていましたが、ほんとうにその通りだと思ます。「これはヤバイぞ」と思ったら、母校の教員に相談してほしいと思います。

若いころには気づけなかった、感じられなかったことが、60歳近くになり、じんわり心に染みてきた……そんな卒業式の翌日でした。

|

« 映画『否定と肯定』にみる大衆のメディア | トップページ | 入学式の翌日/歴史を背負って »

「mumble」カテゴリの記事

「school life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19960/66508229

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式の翌日/祭りのあと:

« 映画『否定と肯定』にみる大衆のメディア | トップページ | 入学式の翌日/歴史を背負って »