« 2018年4月 | トップページ

2018年5月11日 (金)

合同ゼミ

ことしは合同ゼミを複数回やる予定です。

ひとつは学内のお隣さんMゼミ。元気な学生がそろっているらしい。

もうひとつは大阪のマンモス私大のFゼミ。3年生がざっと10人くらいいるようです。梅田キャンパスが使えるといいな。

さらに、11月には東京の名門私大のMゼミとの他流試合。Mゼミは約10人の4年生が京都にきて卒論発表会を開催します。そこで、うちのゼミ生もポスター発表させてもらおうと思っています。

いつも道場仲間と討議しても刺激が少ないので、積極的に他流試合をする必要性を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

後輩の女性記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第20回

テレビ朝日の記者が財務次官からセクハラ行為に悩んでいた事例は、メディア関係者に波紋を広げています。オレがセクハラの加害者になるはずがない、と自信満々の人もいると思いますが、そんな人も「傍観者」と指摘される可能性があります。同僚や後輩がセクハラ被害者に遭ったことを知ったときのことをシミュレーションして考えたことがある人は、意外と少ないのではないでしょうか。

ハラスメントについての内規や相談窓口を完備しているメディア企業もあります。「わが社は専門家がいるので安心だ」という人もいるでしょう。でも、制度を作れば万事OKでしょうか。ルールブックは作る人や作られ方によっては妙なバイアスがかかるものですし、たえざる見直しが必要です。

〈CASE 20〉後輩の女性記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら http://keisobiblio.com/2018/05/08/hatanaka20/

続きを読む "後輩の女性記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら 連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」第20回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ