« 『沖縄で新聞記者になる:本土出身者たちが語る沖縄とジャーナリズム』出版しました | トップページ | 3・14 新聞労連の研修会でワークショップ »

2020年2月21日 (金)

3・19 那覇で新刊トークイベント

319_punga_ponga_night 『沖縄で新聞記者になる』の新刊トークイベントで開催することになりました。那覇のブラジル料理&イベントスペース Punga Ponga さんから提案をいただき、大阪人らしく「ワイもいっちょうやったろかぃ!」みたいな気分で挑戦することにしました。琉球新報の玉城江梨子さん、沖縄タイムスの阿部岳さんにご登壇いただき、進行は版元ボーダーインクの新城和博さんにお願いします。

ただ正直なところ、じぶんが見られる側に回るのは得意ではありません。話の流れを読みながら、当意即妙に気の利いた台詞を繰り出したり、会場を沸かせるようなジョークを挟むような経験値は低いです。

もちろん、大学教員になってからは、講義で90分しゃべり続けることもありますし、シンポジウムのパネリストでコメントをすることもあります。でも、それはネタを仕込んでいるからできること。どこから弾がとんでくるわからない言葉のやりとりは、正直こわい。やはり新聞記者出身なので、聞き役のほうが身についています。

せっかく新刊トークをするのですから、ぜひ大勢の方にきていただき、たくさんの質問・異論・反論をぶつけていただきたいと思います。

なお、イベント会場では書籍も販売します。著者のトーク内容とそこからにじみ出る人間性をじゅうぶん吟味したうえで、購入の可否をご判断ください。どうかよろしくお願いします。

Punga Ponga - facebook page

|

« 『沖縄で新聞記者になる:本土出身者たちが語る沖縄とジャーナリズム』出版しました | トップページ | 3・14 新聞労連の研修会でワークショップ »

journalism」カテゴリの記事

cinema」カテゴリの記事

publishing」カテゴリの記事

okinawa」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『沖縄で新聞記者になる:本土出身者たちが語る沖縄とジャーナリズム』出版しました | トップページ | 3・14 新聞労連の研修会でワークショップ »