カテゴリー「school life」の132件の記事

2019年4月15日 (月)

教授になりましたが

2019年4月1日に准教授から教授になりました。共同通信社に辞表を提出し、2013年度に龍谷大学に准教授として拾ってもらい丸6年目がすぎました。運が良かったと思っています。

同時に、後ろめたさも感じています。有能な研究者たちが大学教員の仕事を得られず、なかには将来に絶望して命を絶つ人もいる。そんな状況のなかで、じぶんが専任教員でいられることを素直に喜んでいいのかどうか。。。

報道を掲げるメディア企業にも非正規雇用のスタッフが増えています。番組ディレクターや取材記者を派遣する会社もあります。業務委託記者の募集広告もよく見かけます。「同一労働」をしている正社員と非正規雇用スタッフは「同一賃金」ではありません。大学業界も同じで、非常勤講師と専任の教授の報酬はまったく異なります。

とっても嫌な言葉ですが「勝ち組」と指さされる記者や学者に、格差社会を客観的に報じたり論じたりする資格があるでしょうか。

東京大学の入学式で上野千鶴子先生の祝辞が波紋を広げました。たしかに、努力しても優秀でも人格者であってもちっとも報われないことなど珍しくありません。そんな世の中で、自分が享受している立場を「当然」と受け止めるなんて、私にはできません。

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

「朝日ぎらい」を変える

「もう、『マスコミが悪い』と突っ込まなくなりましたよ」。先日、ある市民講座のあとで受講生からそんなコメントをもらい嬉しくなりました。その方は、学生時代に『朝日ジャーナル』や『世界』の読者だった団塊世代で、いつしかすっかり「朝日ぎらい」に。わたしの授業が変化の契機になったとすればうれしいですね。

龍谷大学の公開講座「RECコミュニティカレッジ」

わたしは、龍谷エクステンションセンターが運営する市民講座で「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ~報道現場の難問を考えるワークショップ」という授業を担当しています。この授業は、報道倫理の難問をさまざまな角度から考える一種の哲学カフェです。わたしの主な役目はお題の提供とタイムキーパー。受講生同士が小グループに分かれて意見を聴き合い、最後は各グループでまとめた意見をクラス全体で共有するというのが授業の流れです。

対話型の授業は、いわば「文殊の知恵」的な解を求めるというよりも、むしろ、意見の違いを際立たせ、異なる意見を尊重しあうことに力点を置きます。「論破」とはまったく違うスタイルです。

続きを読む "「朝日ぎらい」を変える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

報道倫理の新しいケースブック

2018年度後期から、別の教員が受け持っていた「メディアと倫理」という講義を担当することになりました。授業内容は、ジャーナリズムの現場で実際に起こった悩ましいできごとを、グループディスカッションを通じて考えていくというものです。前任の教員とさほど変わりはありません。ただし教科書を使います。

『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』 勁草書房, 256頁, 2300円, ISBN 978-4-326-60307-7
版元サイトではAmazon以外の書店がリンクされています。アンチAmazon派は版元サイトからごらんください。

続きを読む "報道倫理の新しいケースブック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

2018年前期おわる

2018年前期の授業が終わりました。あとは追試のレポートを読むだけ。ここにきて痛感するのは、担当している「現代ニュース論」の内容を大幅に刷新しなければならないことです。この授業では、前半3分の1を時事問題のディスカッション(教員による解説)にあて、残り3分の2で講義していました。報道関係の映画の予告編を使いうなど、工夫を凝らしてきたつもりですが、来年度からは、ジャーナリスト志望の学生やメディア関係の仕事に就きたいと考えている学生を強く意識しようと思います。記者志望者は受講してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

合同ゼミ

ことしは合同ゼミを複数回やる予定です。

ひとつは学内のお隣さんMゼミ。元気な学生がそろっているらしい。

もうひとつは大阪のマンモス私大のFゼミ。3年生がざっと10人くらいいるようです。梅田キャンパスが使えるといいな。

さらに、11月には東京の名門私大のMゼミとの他流試合。Mゼミは約10人の4年生が京都にきて卒論発表会を開催します。そこで、うちのゼミ生もポスター発表させてもらおうと思っています。

いつも道場仲間と討議しても刺激が少ないので、積極的に他流試合をする必要性を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

学者を目指さない学生にとって良い論文とは

わが本務校、龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科では、卒業研究が必修です。卒業制作で映像作品を作る学生もいますが、多くは卒業論文を提出します。どんな論文が良い論文なのかについて、あれこれ考え続けてきましたが、きょうのゼミで暫定的な結論を4年生に伝えました。

大学院に進学して、研究職を目指したいという学生には、やっぱり学術世界のモノサシで判断したいところです。つまり、着眼点や、問いと方法がカッチリしていることが重要です。しかし、将来学者になりたいとは思っていない学生に、それと同じモノサシを当てて評価するのは間違っていると思います。

続きを読む "学者を目指さない学生にとって良い論文とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

入学式の翌日/歴史を背負って

きのう、龍谷大学社会学部がある瀬田キャンパス(滋賀県大津市)で入学式が行われました。わたしがこの大学の入学式に参加するのはこれで6回目です。どこか物悲しい卒業式に比べると、入学式は楽な気持ちで臨めます。ひとつ気になることがありました。式が始まる直前、式典会場のスクリーンに映し出された映像です。自宅でそれらしい動画を検索したら、Youtubeに以下の動画が公開されていました。BGMがFusion系ジャズやん、と思っていたら、Discovery Channelの制作でした。

龍谷大学の歴史 -Discovery Channel制作-

続きを読む "入学式の翌日/歴史を背負って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

卒業式の翌日/祭りのあと

毎年のことですが、卒業式の翌日というは、なんだか寂しい感じがします。式当日はハレの日だし、着飾った教え子たちに「君ら卒業できて、ほんま良かったのー」とか「社会人になったら、もう遅刻はあかんで」などと軽口をたたいて、こちらもチョッピリ浮いた気持ちになりますが、その翌日は、心に穴が開いたような感じがします。まだ教員という仕事に慣れていないからなのでしょうか。

祭りのあと 唄:渥美清https://www.youtube.com/watch?v=S3ltnB_1Rek

他方、ちっとも卒業してくれない学生もいて、それはそれでヤキモキさせられます。人生80年時代なので、30歳くらいまでなら、遊びほうけていても全然かまわないと思います。むしろ、おもいきり道に迷うくらいのほうが良いかもしれません。でも、そういう感覚は、自分と無縁の学生に対するもので、実習やゼミ生で少しは濃密な時間をともにした学生の場合は、気をもまずにいられません。

続きを読む "卒業式の翌日/祭りのあと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

4年生ゼミで読むかもしれない本

大学4年生のゼミでは、少し難しいかもしれないけれど、松村圭一郎さんの『うしろめたさの人類学』を読もうかなと思っています。

多くの学生は3年の終わりから就活に振り回されて、ゼミに顔を出さなくなります。ある意味、必死です。彼ら彼女らはこれまで偏差値の格差のなかで嫌な思いを強いられてきました。大学を出たら、そのあとは収入や社会的ステータスという格差のなかに放り込まれます。ゼミどころではなくなる学生もいます。

松村圭一郎『うしろめたさの人類学』(ミシマ社,2017)

続きを読む "4年生ゼミで読むかもしれない本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

卒論審査の新方針(剽窃は一発アウト)

「卒論が完成したので添削をしてください」と頼まれるたびに朱をいれて返してきましたが、同じ学生から3度4度と要求されると、教員の身が持ちません。ゼミ生15人の論文を平均3回添削するということは、45回も目を通してチェックしていくことになります。1人あたり1万2000~1万5000文字の分量なので、眼が死にます。(おまけに、大学院生の修士論文もあり、これが1人あたり3万~5万文字が当たり前ですからね)

朱を入れて返しても「言われた通りに修正したので確認を」というメールがやってきて、十分に直っていないところに再び朱を入れると、またまた「言われた通りに修正したので確認して」とメールがやってくる。表記のルールは「社会学評論スタイルガイド」を見てとお願いしても、きちんとできていないので、また朱を入れると、「こんどこそ、これでいいかどうか確認して」と添削のようなことを求められる……。完全な負のスパイラル。まるで「校正アプリ」にさせられたような気持ちになり、体も心も傷つきます。

そこで、私は次年度から文章の添削をしないことに決めました。研究の方法や深め方についての相談にはナンボでも乗るけれど、日本語表現の添削は原則やらない。

続きを読む "卒論審査の新方針(剽窃は一発アウト)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧