カテゴリー「law」の36件の記事

2012年5月 1日 (火)

最近みたドキュメンタリー映画

意識的にガマンしてきた映画鑑賞をゆるゆると再開しはじめた。最近みたのは、井手洋子監督『ショージとタカオ』(2010)と鈴木正義監督『医す者として』(2011)である。2作品は異なる視点から、異なる手法で作られており、並べて感想を述べる蓋然性はないが、たまたま続けて観る機会があったので、考えたことをつづってみたい。

井手洋子監督『ショージとタカオ』(2010)
  井手洋子『ショージとタカオ』(文藝春秋,2012)
鈴木正義監督『医す者として』(2011)
  南木佳士『信州に上医あり―若月俊一と佐久病院』(岩波新書、1994)
  若月俊一『村で病気とたたかう』 (岩波新書、2002)

続きを読む "最近みたドキュメンタリー映画"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

引用と剽窃と立松さん(他山の石)

Tatematsu_5故立松和平さんの死亡記事や追悼記事をみていると、いまだに「引用」と「剽窃」の区別ができていない記述にお目にかかり当惑した。記事のなかで、「無断引用」という表現がプロ表現者によって使われているのは嘆かわしい。「引用」は本来無断で行う行為であり、「剽窃」とは別なる概念である。この2つの言葉がいまだに混同されるのは何故だろう。

すこし横道にそれるが、立松さんが盗作後に書き直した作品を高橋伴明さんが撮った『光の雨』は、劇中劇のスタイルを採っていて、ストレートな若松作品と見比べると面白い。

高橋伴明監督 『光の雨 連合赤軍事件』 (2001)

続きを読む "引用と剽窃と立松さん(他山の石)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

イーストウッドと法治主義

ChangelingGrantrinoイーストウッドの近作2本が評判だったので「とりあえず」という気分で観てみたところ、なんだかすっかり引き込まれた。イーストウッド作品はこれまで何本か観ているが、ひとつのパターンがあるように思われる。パターンというと語弊があるかもしれないので、「世界観」「思想」といい直しておこう。それは、彼の作品は、どれもアメリカ映画の一大ジャンルともいえる「法廷映画」とは対極にあるということである。

クリント・イーストウッド監督 『グラン・トリノ』 (原題: Gran Torino, 2008, 米)
クリント・イーストウッド監督 『チェンリジング』 (原題: Changeling, 2008, 米)

続きを読む "イーストウッドと法治主義"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

『アラバマ物語』は法より隣人愛

To_kill_a_mockingbird_2『十二人の怒れる男』と対照的な法廷映画『アラバマ物語』をようやく観た。宿直勤務明けで脳は不活発だったが、ぐいぐい引き込まれた。素人ながら、わたしが観た法廷映画の最高傑作の部類に入ると思う。『十二人』と同じく、『アラバマ』も被告人が被差別の少数者。予断と偏見に基づいた冤罪であり、有罪にしてはならない。『十二人』の陪審員は被告を無罪とし、わたしたちをスッキリさせてくれるが、『アラバマ』の陪審員がわずか2時間で下した判決は有罪。共同体主義の負の側面「多数者の専制」に対し、ヤモメ弁護士が立ち向かう姿にグっとくる。

アラン・パクラ製作, ロバート・マリガン監督 『アラバマ物語』 (原題: To Kill a Mockingbird ,1962, 米)

続きを読む "『アラバマ物語』は法より隣人愛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ミハルコフ『12人の怒れる男』は法より慈悲

12wa6ヘンリー・フォンダが『十二人の怒れる男』(原題:”12 Angry Men”)を世に送り出してから半世紀。ロシアのニキータ・ミハルコフがロシア版の『12人の怒れる男』(原題:”12”)を製作した。舞台は21世紀のロシア。戦火を逃れてきたチェチェン少年がロシア人の養父を殺害したとして起訴される。今日的な素材を扱いながらも12人の陪審員が討議の後、合意に至る点はオリジナルと同じだが、底流に流れるのは〈ロシア的なるものの再興〉のように思えた。

ニキータ・ミハルコフ監督 『12人の怒れる男』 (原題:”12”、2007、ロシア)

続きを読む "ミハルコフ『12人の怒れる男』は法より慈悲"

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2008年9月 6日 (土)

自由の制約<犯罪の防止?

Shimabara_police
元公安委員長の白川勝彦さんが職務質問に遭った顛末をウェブサイトで紹介している。ひとつは2004年11月のできごとを記した忍び寄る警察国家の影、もうひとつは2006年12月22日に掲載された「またまた職務質問に!」である。いずれのケースも東京・渋谷警察署の地域課職員による圧迫的な内容。2度目のケースで白川氏が職質の理由をただしたところ、警官の1人は「これでけっこう犯罪が見つかるんですよ」と自信たっぷりに答えたという。このところ、わたしのブログが「職質」で検索されることも多い。とりわけ秋葉原事件以降、アキバをはじめ新宿、渋谷など各地で強引で悪質な職質が横行しているようだ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると言わんばかりの手当たり次第の職質は、市民的自由の侵害にほかならない。真面目な警察官もいると信じたいが、法知識のない若者やヲタク男性をいじめてストレスを発散させている不届き者もいることは、YouTubeにアップロードされた動画などから想像できる。

リベラリスト 白川勝彦の 「永田町徒然草 またまた職務質問に!」
渋谷ドキュメンタリー24時(19) ~ 逮捕から職質まで ~ on YouTube
職務質問@秋葉原中央通り 02 on YouTube
職務質問競技会(2007/09/04放送) on YouTube 

続きを読む "自由の制約<犯罪の防止?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

『カルラのリスト』における正義

La_liste_de_carlaこの種のドキュメンタリー作品を、『崖の上のポニョ』や『ダークナイト』などと同列に並べて、100点満点で40点とか50点とか断じるのは筋違いである。この作品は、旧ユーゴ紛争で大量虐殺をして逃げ延びている大物戦犯を追いかける検察官(Carla Del Ponte)の過酷で苛立たしい日常を軸にした政治映画だからだ。娯楽作品のように、ストーリーや映像美、カメラワークや音響・照明技術などをもとに数値化するのは、むろん自由だが、どうせなら公共的な討議空間にじぶんの意見をほうりこんみてはどうだろう(ほな、アンタがやれよ、と言われるやろな)。

マルセル・シュプバッハ監督 『カルラのリスト』 (原題:"La Liste De Carla"、英題:"Carla's List"、2006、スイス)

続きを読む "『カルラのリスト』における正義"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月20日 (金)

ふりだしのロールズ (備忘録)

Contemporarypoliticalphilosophy A_theory_of_justice秋葉原の通り魔事件が、格差に関する議論に弾みをつけている。容疑者が携帯サイトの日記に「勝ち組はみんな死んでしまえ」などの文章を残していたことがマスメディアで広く伝えられたためだ。ただし、日記を見てみると、経済格差やその原因のひとつである学歴差別の問題よりも、むしろ容姿や恋愛をめぐる“負け組”意識(内的な格差感覚?)のほうが深刻に思える。そして、そうした格差感覚に対し、ロールズの正義原理はうまく適用できない。ただし、せっかくなのでこの際、ロールズが最初に提示した原理を備忘録としてメモしておきたい。ロールズはすごろくでいうと「ふりだしに戻る」的な存在だ。

ロールズ,J (1979) 『正義論』 矢島鈞次(訳)、原題 ”A Theory of Justice”、紀伊国屋書店
キムリッカ, W (2005) 「第3章 リベラルな平等」 、『新版 現代政治理論』 岡崎晴輝ほか(訳)、原題 ” Contemporary Political Philosophy”、日本経済評論社

続きを読む "ふりだしのロールズ (備忘録)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

『情婦』は秀逸な法廷サスペンス

Witnessfortheprosecution洋画の原題と邦題のギャップに戸惑うことは珍しいことではない。邦題に騙されて観てみたらガックリさせられたり、邦題のために遠ざけていた作品を観たあとで「なんでもっと早くみておかなかったのか」と臍をかむこともある。今回は後者のほうだった。

ビリー・ワイルダー監督 『情婦』 (原題: Witness for the Prosecution、米、1958)

続きを読む "『情婦』は秀逸な法廷サスペンス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

一人称と三人称

山口県光市の母子殺害事件の判決で、マスメディアから最も注目されたのは、被害者遺族の男性のであったように思われる。男性は事件発生から数え切れないくらいマスメディアから取材を求められ、被害者の立場から死刑を求め続けた。九年間にわたる長くつらい闘いのすえ、ついに望みがかない「正義」が実現されたという一人称の物語に注目が集まった。「冷静な態度」「立派さに感服した」などと書かれたブログも多数ある。だが、「永山基準」を踏み越えることの是非や、ほどなくはじまる裁判員制度との関わりなど、「社会」が後景にかすんだような印象を抱いたのはわたしだけだろうか。

本村洋さんの立派な態度に感服 (ツカサネット新聞 2008年04月21日10時23分配信)
本村洋さんに感謝しよう (ツカサネット新聞 2004月26日10時15分配信)

続きを読む "一人称と三人称"

| | コメント (1) | トラックバック (1)