カテゴリー「sociology」の165件の記事

2016年4月12日 (火)

新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」と題する連載をけいそうビブリオフィル(勁草書房編集部ウェブサイト)で始めました。「道徳的ジレンマ」といえば、マイケル・サンデル教授によるハーバード白熱教室の「暴走する路面電車」などを思い出しますね。ジャーナリズムの住人も、抜き差しならない場面で苦渋の選択を迫られることがあります。そんなとき判断基準になるのは、業界団体や所属企業、あるいは職能団体が作ったルールや経験則です。しかし……

畑仲哲雄 「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」 けいそうビブリオフィル勁草書房編集部ウェブサイト

続きを読む "新連載 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

「愛の手」運動の岩崎さんを表敬訪問

 家庭養護促進協会大阪事務所と毎日新聞大阪本社が、児童相談所などと連携して里親を探すキャンペーンを50年以上にわたって継続しているのをご存じでしょうか。「あなたの愛の手を」と題した記事は、マスメディアのキャンペーン報道としては異例の長期企画です。これまで乳児院や児童養護施設を訪れて取材をした「愛の手記者」も相当な数にのぼります。かくいうわたしも過去に担当したことがあり、取材を通じて親とはなにか、親子とはなにかという問題について教えられました。関西に引っ越して2年もたつのに、事務所訪問がはたせずにいたのですが、ようやく今日、愛の手運動のアイコンともいえる岩崎美枝子さんと25年ぶりの再開をはたしました。

家庭養護促進協会大阪事務所
旧HP http://ss7.inet-osaka.or.jp/~fureai/
現HP http://homepage2.nifty.com/fureai-osaka/
子どもの養子縁組ガイドブック――特別養子縁組・普通養子縁組の法律と手続き
親子になろう! (あたらしいふれあい)


続きを読む "「愛の手」運動の岩崎さんを表敬訪問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

3・21シンポでの講演メモ(掲載遅すぎ)

2015年3月21日に、キャンパスプラザ京都で開催されたシンポジウム「コミュニティメディア-その公共性とジャーナリズムを考える」龍谷大学政策学部・松浦さと子研究室主宰)で登壇した際の講演メモを掲載するのを長らく忘れていました。遅きに失しましたが、わたしと同じ問題意識をもつ学生や研究者が、きっとたくさんいるはずだ信じて、公開することにしました。とくに、地域ジャーナリムの定義については、本で書いた内容よりコンパクトにまとまっていると思います。できれば本を読んでほしいのですが。。。

畑仲哲雄(2014)『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房.

続きを読む "3・21シンポでの講演メモ(掲載遅すぎ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

『地域ジャーナリズム』 よろしくお願いします

Communitarian_journalism
『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房)が2014年12月22日に配本されました。調査でお世話になりました上越の皆様や論文審査でお世話になった先生方にあらためて御礼申し上げます。クリスマスにはには大都市圏の大型書店の人文社会コーナーに入るかもしれません。東京・日比谷の日本プレスセンター1階にあるジュンク堂なら品切れになることはないと信じます。ジャンルとしては研究書ですが、極私的ノンフィクションの要素も取り入れました。地域コミュニティにしっかり根を下ろしているメディア関係者には言うまでもなく、主流メディアのジャーナリストや経営者にも参考になることを願っています。

畑仲哲雄(2014)『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房.

続きを読む "『地域ジャーナリズム』 よろしくお願いします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

インタビューの上手と下手

 知りあいの業界人から意外な言葉を聞きました。「小田島隆って、インタビューが下手」。ラジオ番組のトークを聞く限り、小田島さんは話し巧者です。わたしもファンの一人で、TBSラジオ「たまむすび」の月曜日は聴いています。でも数年前、小田島さんが司会をしているCS番組で法律関係者のゲストと対談しているのを見たとき、たしかにギクシャクしていたことを、わたしも記憶しています。活字で読む小田島節は軽妙でリズム感があり内容も鋭いのに、あのギクシャク感との落差は何でしょう。

続きを読む "インタビューの上手と下手"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

メディア企業ネット担当者の世代論

 昨夜、懇意にしている地方紙のジャーナリストたちと時間を忘れて深夜まで懇談しました。興味深かったのは、社会のデジタル化やグローバル化という大きな潮流に対応してきたマスメディア(新聞社)の担当者が、大きく分けて3つの世代に分類できるのではないかという議論です。

 第1世代は、ニュースをオープンにしていくことに積極的でした。インターネット元年(Windows95発売年)のサイバースペースは、まるでカルチェラタン(解放区)のような自由な空気が横溢し、メディアのデジタル部門担当者はその可能性を少しでも広げようとしました。

続きを読む "メディア企業ネット担当者の世代論"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

「共同体論」という表現はちょっと・・・

 ながらく積ん読状態だった井上達夫『現代の貧困――リベラリズムの日本社会論』(岩波現代文庫)をだらだら読みました。この本は2001年の『現代の貧困』(岩波書店)を文庫化したもので、内容はやや古いのですが、「共同体論」の負の側面について、あらためて考えさせられました。とくに「日本村」と呼ばれる天皇大好き地域の自治実践と民主主義に関する議論の整理にハっとし、うーんとうなってしまいました。

井上達夫(2001)『現代の貧困』(岩波書店)
井上達夫(2011)『現代の貧困――リベラリズムの日本社会論』(岩波現代文庫)

続きを読む "「共同体論」という表現はちょっと・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

最近みた女たちの映画

博論も終わったので、好きな音楽を聴き、観たかった映画をなるべく観るようにしている。だが、ひとりで観賞しているため、なんども張り合いがない。話し相手もいない。だがせっかくなので、最近みた女たちの闘いを描いた4作品に共通していることを、ネタバレにならない範囲でつらつら書き残しておきたい。

ジョシュア・マーストン監督『そして、ひと粒のひかり』(原題:Maria Full of Grace、公開年2004)
コートニー・ハント監督『フローズン・リバー』(原題:Frozen River、公開年2008)
デブラ・グラニク監督『ウィンターズ・ボーン』(原題:Winter's Bone、公開年2010)
テイト・テイラー監督『ヘルプ――心がつなぐストーリー』(原題:The Help、公開年2011)

続きを読む "最近みた女たちの映画"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

学位取得決定と就職決定のご報告

ブログの更新が長らく滞っていたのは、ふたつの挑戦をしていたためです。ひとつは博士論文を完成させること。もうひとつはアカデミックポスト探しです。いま、それらがようやく一段落しました。博士論文の題は『ジャーナリズムにおける〈地域〉という立脚点――地域紙とNPOの「協働」に関する事例研究』です。審査の結果、博士(社会情報学)が決定したという連絡を指導教員の林香里先生からいただきました。学位取得に先だって、龍谷大学社会学部から准教授のポストをいただけることをも決まっていました。多くの人にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

続きを読む "学位取得決定と就職決定のご報告"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

週刊朝日の「編集権」

橋下徹大阪市長の2012年10月18日の記者会見を見ての感想を述べておきたい。私が気にかかったのは、会見の場でも幾度か飛び出した「編集権」である。橋下市長が朝日新聞社の取材を拒否する根拠は、朝日新聞社が朝日新聞出版を所有しているという所有権に基づく。会見に参加していた記者のなかには、橋下市長が抗議する対象は「一義的には週刊朝日で、編集権は別」というような意見もあったが、日本新聞協会は「編集権」が所有者に帰属することを1948年の「声明」で明言している。このため橋下市長に対し、有効な反論ができなかったのではないか。

続きを読む "週刊朝日の「編集権」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧